文学その1

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

あの時分:国木田 独歩(82-128)/128

 会堂に着くと、入口の所へ毛布を丸めて投げ出して、木村の後ろについて内に入ると、まず花やかな煌々としたランプの光が堂にみなぎっているのに気を取られました。

When I arrived at the synagogue, I rolled up a blanket at the entrance and threw it out, and when I went inside behind Kimura, I was distracted by the bright and brilliant lamp lights in the hall.

これは一里の間、暗い山の手の道をたどって来たからでしょう。

This is probably because I followed the path of the dark Yamanote for a ri.

次にふわりとした暖かい空気が冷え切った顔にここちよく触れました。

Next, the fluffy warm air touched my cold face comfortably.

これはさかんにストーブがたいてあるからです。

This is because the stove is slammed.

次に婦人席が目につきました。

Next, I noticed the women's seat.

毛は肩にたれて、まっ白な花をさした少女やそのほか、なんとなく気恥ずかしくってよくは見えませんでした、ただ一様に清らかで美しいと感じました。

The hair was leaning on my shoulders and I couldn't see the girl with the white flowers and others, somehow embarrassed, just felt uniformly clean and beautiful.

高い天井、白い壁、その上ならず壇の上には時ならぬ草花、薔薇などがきれいな花瓶にさしてありまして、そのせいですか、どうですか、軽い柔らかな、いいかおりが、おりおり暖かい空気に漂うて顔をなでるのです。

The high ceilings, white walls, and the flowers and roses on the platform are beautifully placed in a vase. Is it because of that? It drifts and strokes the face.

うら若い青年、まだ人の心の邪なことや世のさまのけわしい事など少しも知らず、身に翼のはえている気がして、思いのまま美しい事、高いこと、清いこと、そして夢のようなことばかり考えていた私には、どんなにこれらのことが、まず心を動かしたでしょう。

A young young man, who still doesn't know anything about the evils of people's hearts or the harshness of the world, feels like he has wings, and is beautiful, expensive, clean, and dreamy. For me, who was thinking about such things, how many of these things moved me first.

 木村が私を前の席に導こうとしましたが、私は頭を振って、黙って後ろのほうの席に小さくなっていました。

Kimura tried to lead me to the front seat, but I shook my head and silently became smaller in the back seat.

 牧師が賛美歌の番号を知らすと、堂のすみから、ものものしい重い、低い調子でオルガンの一くさり、それを合図に一同が立つ。

When the pastor gave the number of the hymn, from the corner of the hall, the organ was squeezed in a terrible heavy, low tone, and everyone stood with that as a signal.

そして男子の太い声と婦人の清く澄んだ声と相和して、肉声の一高一低が巧妙な楽器に導かれるのです、そして「たえなるめぐみ」とか「まことのちから」とか「愛の泉」とかいう言葉をもって織り出された幾節かの歌を聞きながら立っていますと、総身に、ある戦慄を覚えました。

And in harmony with the thick voice of boys and the clear and clear voice of women, the high and low voices of the real voice are guided to clever musical instruments, and "Megumi Taenaru", "Makoto no Chikara" and "Love". When I stood while listening to some songs woven with the words "No Izumi", I felt a certain horror.

 それから牧師の祈りと、熱心な説教、そしてすべてが終わって、堂の内の人々|一斉の黙祷、この時のしばしの間のシンとした光景――私はまるで別の世界を見せられた気がしたのであります。

Then the pastor's prayer, the enthusiastic sermon, and all the people in the hall | The silent prayer, the thin sight for a while at this time-I feel like I was shown another world. I did it.

 帰りは風雪になっていました。

It was wind and snow on the way back.

二人は毛布の中で抱き合わんばかりにして、サクサクと積もる雪を踏みながら、私はほとんど夢ごこちになって寒さも忘れ、木村とはろくろく口もきかずに帰りました。

They just hugged each other in a blanket, stepping on the crisp snow, and I almost dreamed of forgetting the cold, and returned with Kimura without speaking.

帰ってどうしたか、聖書でも読んだか、賛美歌でも歌ったか、みな忘れてしまいました。

I forgot what happened when I got home, whether I read the Bible or sang a hymn.

ただ以上の事だけがはっきりと頭に残っているのです。

Only that is clearly in my mind.

 木村はその後|二月ばかりすると故郷へ帰らなければならぬ事になり、帰りました。

Kimura then | Only in February, I had to go back to my hometown, so I went home.

 そのわけはなんであろうか知りませんが、たぶん学資のことだろうと私は覚えています。

I don't know what the reason is, but I remember that it was probably a tuition fee.

そして私には木村が、たといあの時、故郷に帰らないでも、早晩、どこにか隠れてしまって、都会の人として人中に顔を出す人でないと思われます。

And I don't think Kimura is the one who hides somewhere sooner or later, even if he doesn't return to his hometown at that time, and appears to the public as an urban person.

木村が好んで出さないのでもない、ただ彼自身の成り行きが、そうなるように私には思われます。

It seems to me that Kimura doesn't like it, but his own consequences.

樋口も同じ事で、木村もついに「あの時分」の人となってしまいました。

The same is true for Higuchi, and Kimura has finally become a person at that time.

 先夜鷹見の宅で、樋口の事を話した時、鷹見が突然、

When I talked about Higuchi at Takami's house last night, Takami suddenly suddenly

「樋口は何を勉強していたのかね」と二人に問いました。

I asked them, "What was Higuchi studying?"

記憶のいい上田も小首を傾けて、

Ueda, who has a good memory, also tilted his head,

「そうサ、何を読んでいたかしらん、まさかまるきり遊んでもいなかったろうが」と考えていましたが、

I was thinking, "Yes, I wonder what I was reading, I wouldn't have played it all the time."

「机に向いていた事はよく見たが、何を専門にやっていたか、どうも思いつかれぬ、窪田君、覚えているかい」と問われて、私も樋口とは半年以上も同宿して懇意にしていたにかかわらず、さて思い返してみて樋口が何をまじめに勉強していたか、ついに思い出すことができませんでした。

When asked, "I often saw him facing the desk, but I can't think of what he was specializing in, Mr. Kubota, do you remember?", I stayed with Higuchi for more than half a year and got to know him. Regardless of what I was doing, when I looked back, I couldn't finally remember what Higuchi was studying seriously.

 そこで木村のことを思うにつけて、やはり同じ事であります。

Therefore, when I think of Kimura, it is the same thing.

木村は常に机に向いていました、そして聖書を読んでいたことだけは今でも思い出しますが、そのほかのことは記憶にないのです。

Kimura was always at his desk, and I still remember reading the Bible, but I don't remember anything else.

 そう思うと樋口も木村もどこか似ている性質があるようにも思われますが、それは性質が似ているのか、同じ似たそのころの青年の気風に染んでいたのか、しかと私には判断がつきませんけれども、この二人はとにかくある類似した色を持っていることは確かです。

When I think about it, it seems that Higuchi and Kimura have some similar qualities, but I wonder if they have similar qualities or if they were dyed in the same similar youth style at that time. I can't tell, but it's true that the two have some similar colors anyway.

 そう言いますと、あの時分は私も朝早くから起きて寝るまで、学校の課業のほかに、やたらむしょうに読書したものです。

By the way, at that time, I also read a lot from early in the morning until I woke up and went to bed, in addition to the school duties.

欧州の政治史も読めば、スペンサーも読む、哲学書も読む、伝記も読む、一時間三十ページの割合で、日に十時間、三百ページ読んでまだ読書の速力がおそいと思ったことすらありました。

If I read the political history of Europe, I read Spencer, I read philosophical books, I read biographies, I read 30 pages per hour, 10 hours a day, 300 pages, and I thought that the reading speed was still slow. There was even one.

そしてただいろんな事を止め度もなく考えて、思いにふけったものです。

And I just thought about various things without stopping and lost my mind.

 そうすると、私もただ乱読したというだけで、樋口や木村と同じように夢の世界の人であったかも知れません。

Then, I might have been a person in the dream world like Higuchi and Kimura just because I read it abruptly.

そうです、私ばかりではありません。

Yes, I'm not the only one.

あの時分は、だれもみんなやたらに乱読したものです。

At that time, everyone read a lot.

(完)

(End)

底本:「号外・少年の悲哀 他六編」岩波文庫、岩波書店

Bottom book: "Extras, Boys' Sorrows, Other Six" Iwanami Bunko, Iwanami Shoten

   1939(昭和14)年4月17日第1刷発行

First print issued on April 17, 1939 (Showa 14)

   1960(昭和35)年1月25日第14刷改版発行

Issued the 14th edition on January 25, 1960 (Showa 35)

   1981(昭和56)年4月10日第34刷発行

Issued the 34th print on April 10, 1981 (Showa 56)

入力:紅 邪鬼

Input: Beni Evil Demon

校正:LUNA CAT

Calibration: LUNA CAT

2000年8月21日公開

Published August 21, 2000

2006年5月19日修正

Revised May 19, 2006

青空文庫作成ファイル:

Aozora Bunko Creation File:

このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。

This file was created at Aozora Bunko (http://www.aozora.gr.jp/), an internet library.

入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

Volunteers were involved in the input, calibration, and production.