文学その1

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

女難:国木田 独歩(375-407)/407

藤吉からは何の消息もありません。

There is no news from Fujiyoshi.

私は藤吉のことを思いますと、ああ悪いことをしたと、つくづくわが身の罪を思うのでございますが、さればとてお俊を諭して藤吉の後を逐わすことをいたすほどの決心は出ませんので、ただ悪い悪いと思いながらお俊の情を受けておりました。

When I think of Fujiyoshi, I think that I have done something wrong, and I feel guilty of myself, but I have decided to remind Shun to drive him away. I didn't get it, so I was just thinking that it was bad and bad

 そのうちだんだん眼が悪くなる一方で役所は一月以上も休んでいるし、私は気が気でならず、もし盲目になったらという一念が起るたびに、悶え苦しみました。

While my eyes were getting worse, the government office was absent for more than a month, and I didn't mind, and every time I thought about becoming blind, I suffered in agony.

 ここに怪しいことのございますのは、お俊の様子がひどく変ったことでございます、なんとなく私を看護するそぶりが前のようでなく、つまらぬことに疳癪を起して私につらく当るのでございます。

What's suspicious here is that Shun's appearance has changed terribly, somehow the pretense of caring for me isn't like before, and it's boring and painful to me. You will win.

そして折り折りは半日もいずれにか出あるいて帰らぬこともあるのです。

And there are times when the folds come out somewhere for half a day and never go home.

私は口に出してこそ申しませんが、腹の中は面白くなくって堪りません。

I wouldn't say it, but the inside of my stomach isn't interesting and I can't stand it.

ところがある日のことでございました、『御免なさい』と太い声で尋ねて来た者があります。

However, one day, there was a person who asked in a loud voice, "Please excuse me."

『いらっしゃい』とお俊は起ってゆきましたが、しばらく何かその男とこそこそ話をしていましたが、やがて私の枕元に参りまして、『頭領が見えました、何かあなたにお話ししたいことがあるそうです』

"Welcome", Shun got up, but for a while I was talking to the man, but eventually I came to my bedside and said, "I saw the head, I want to talk to you. There seems to be something

 なんの頭領だろうと思っていますうちに、その男はずかずか私の枕元に参りまして、

While wondering what the head was, the man came to my bedside,

『お初にお目にかかります、私ことは大工|助次郎と申しますもので、藤吉初めお俊がこれまでいろいろお世話様になりましたにつきましては、お礼の申し上げようもございません、別してお俊が厚いお情をこうむりました儀につきましては藤吉に代りまして私より十分の御礼を申し上げます。

"I'm the first carpenter | I'm Sukejiro, and I can't thank you enough for all the help you have given to Fujiyoshi Hajime Shun. On behalf of Fujiyoshi, I would like to express my gratitude for the carpentry ceremony.

つきましては、お俊儀は今日ただ今より私が世話することになりましたにつきましては早速お宅を立ち退くことにいたします、さようあしからず御承知を願い置きます』と切り口上でベラベラとしゃべり立てました、私は文句が出ないのでございます。

Therefore, Shungi will evict your house immediately regarding the fact that I will take care of you from now on, and I hope you will understand it. " I made it, I have no complaints.

 それからお俊と頭領がどたばた荷ごしらいをするようでしたが、間もなくお俊が私の傍に参りまして、『いろいろわけがあるのだから、悪く思っちゃアいけませんよ、さようなら、お大事に』

After that, Shun and the head seemed to be fluttering, but soon Shun came to my side and said, "There are various reasons, so don't feel bad, goodbye, important. To

 二人は出て行きました。

The two went out.

私は泣くこともわめくこともできません、これは皆な罰だと思いますと、母のやつれた姿や、孕んだまま置き去りにして来たお幸の姿などが眼の前に現われるのでございます。

I can't cry or scream, and I think this is a punishment for everyone, and I see my mother's sickness and the happiness she left behind in her eyes. ..

 役所は免められ、眼はとうとう片方が見えなくなり片方は少し見えても物の役には立たず、そのうち少しの貯蓄はなくなってしまいました。

The government office was exempted, and one eye finally became invisible, and even if one could see a little, it was useless, and some of the savings were gone.

それから今の姿におちぶれたのでございますが、今ではこれを悲しいとも思いません、ただ自分で吹く尺八の音につれて恋いしい母のことを思い出しますと、いっそ死んでしまったらと思うこともございますが死ぬることもできないのでございます」

After that, I fell in love with what I am now, but now I don't feel sad about this, but when I remember my mother who I missed with the sound of the shakuhachi that I blow myself, I think I should have died. I'm sorry, but I can't die. "

     *     *     *

* * * * * *

 盲人は去るにのぞんでさらに一曲を吹いた。

The blind man played another song in hopes of leaving.

自分はほとんどその哀音悲調を聴くに堪えなかった。

I could hardly bear to hear the sorrow and sorrow.

恋の曲、懐旧の情、流転の哀しみ、うたてやその底に永久の恨みをこめているではないか。

Isn't the song of love, the feeling of nostalgia, the sadness of the flow, the song and the bottom of it filled with eternal resentment?

 月は西に落ち、盲人は去った。

The moon fell to the west and the blind man left.

翌日は彼の姿を鎌倉に見ざりし。

The next day, I saw him in Kamakura.

底本:「日本の文学 5 樋口一葉 徳富蘆花 国木田独歩」中央公論社

Bottom book: "Japanese Literature 5 Ichiyo Higuchi, Kenjiro Tokutomi, Doppo Kunikida" Chuokoron-sha

   1968(昭和43)年12月5日初版発行

First edition issued on December 5, 1968 (Showa 43)

初出:「文藝界」金港堂

First appearance: "Bungei World" Kinkodo

   1903(明治36)年12月

December 1903 (Meiji 36)

※「路次」と「路地」、「意久地」と「意気地」の混在は底本通りにしました。

* The mixture of "Alley" and "Alley", and "Kuji" and "Kuji" is the same as the original.

入力:iritamago

Input: iritamago

校正:多羅尾伴内

Proofreading: Bannai Tarao

2004年7月15日作成

Created July 15, 2004

青空文庫作成ファイル:

Aozora Bunko Creation File:

このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。

This file was created at Aozora Bunko (http://www.aozora.gr.jp/), an internet library.

入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

Volunteers were involved in the input, calibration, and production.