文学その1

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

糸くず:モーパッサン ギ・ド:国木田 独歩(158-216)/216

例のマランダンがその戸口に立っていてかれの通るのを見るや笑いだした。

The usual Marandan stood at the door and laughed as he saw him pass.

なぜだろう。

Why.

 かれはクリクトーのある百姓に話しかけると、話の半ばも聴かず、この百姓の胃のくぼみに酒が入っていたところで、かれに面と向けて

When he talked to a farmer with a cricket, he didn't listen to him halfway, and when he had sake in his hollow stomach, he turned to him.

『何だ大泥棒!』

"What a great thief! ]

 そして踵をめぐらして去ってしまった。

Then I went around my heels and left.

 アウシュコルンは無言で立ちどまった。

Auskorun stopped silently.

だんだん不安心になって来た。

I'm starting to feel uneasy.

なぜ『大泥棒』とかれを呼んだのだろう。

Why did he call him a "great thief"?

 シュールダンの酒店の卓に座して、かれはまたもや事の一部始終を説きはじめた。

Sitting at the table of a hotel in Surdin, he once again explained the whole story.

 するとモンチヴィエーの馬商がかれに向かって怒鳴った、

Then the Montivie horse dealer yelled at him,

『よしてくれ、よしてくれ古狸、手前の糸の話ならおれはみんな知っている!』

"Good, good, old raccoon, everyone knows me about the thread in front! ]

 アウシュコルンは吃った、

Auschkorn stuttered,

『だって手帳は出て来ただあ!』

"Because the notebook came out! ]

 相手はまた怒鳴った、

The opponent shouted again,

『黙れ、老耄、拾った奴が一人いて、返した奴が別に一人いたのよ。

"Shut up, Elder, there was one who picked up, and one who returned it.

それで世間の者はみんなばかなのさ。

So everyone is stupid.

]

 老人は呼吸を止めた。

Old man stopped breathing.

かれはすっかり知った。

He knew everything.

人々はかれが党類を作って、組んで手帳を返したものとかれを詰るのであった。

The people clung to him as he formed a party, assembled and returned a notebook.

 かれは弁解を試みたが、卓の人はみんな笑った。

He tried to make an excuse, but everyone at the table laughed.

 かれはその食事をも終わることができなく、嘲笑一時に起こりし間を立ち去った。

 He could not finish the meal, and he ridiculeed and happened at one time and left the room.

 かれは恥じて怒って呼吸もふさがらんばかりに痛憤して、気も心もかきむしられて家に帰った。

 He was ashamed and angry, angry and angry, and was exhausted from his mind and heart and went home.

元来を言えばかれは狡猾なるノルマン地方の人であるから人々がかれを詰ったような計略あるいはもっとうまい手品のできないともいえないので、かれの狡猾はかねがね人に知れ渡っているところから、自分の無罪を証明することは到底|叶うまじきようにかれも思いだした。

Originally, he was a cunning Norman, so it cannot be said that he could not do a trick or a better trick that would have blocked him. Proving his innocence was utterly imaginable.

そこで猜忌の悪徳のためにほとんど傷心してしまった。

There, I almost lost my heart because of the vice of illness.

 そこでかれはあらためて災難一条を語りだした。

 He again talked about the disaster.

日ごとにその繰り言を長くし、日ごとに新たな証拠を加え、いよいよ熱心に弁解しますます厳粛な誓いを立てるようになった。

Every day, the word was lengthened, new evidence was added day by day, and I finally became more enthusiastic.

誓いの文句などは人のいない時十分考えて用意しているのである。

The vows are carefully prepared when there are no people.

今やかれの心は全く糸の話で充たされてしまった。

Now his heart is completely filled with thread.

かれの弁解がいよいよ完全になるだけ、かれの談論がいよいようまくなるだけ、ますますかれは信じられなくなった。

The more complete his excuses, the better his discourse, the less he could believe.

『みんな嘘言家の証拠さ』、人々はかれの背後で言い合っていた。

People were arguing behind him, "Everyone is proof of a liar."

 かれはこれを感じている。

He feels this.

かれの心はこのために裂かれた。

His heart was torn for this.

かれは労して功なく精根を尽くしてしまった。

He worked hard and exhausted his roots.

かれの衰え行く様は明らかに見える。

His fading pattern is clearly visible.

 今や諧謔の徒は周囲の人を喜ばすためにかれをして『糸くず』の物語をやってもらうようになった、ちょうど戦場に出た兵士に戦争談を所望すると同じ格で。

￴ Now, the people of disgrace have come to do the story of “Thin Waste” to please the people around them, just as if they wanted a war story for a soldier who came out on the battlefield.

あわれかれの心は根底より壊れ、次第に弱くなって来た。

His heart broke from its roots and gradually weakened.

 十二月の末、かれはついに床についた。

At the end of December, he finally got to the floor.

 正月の初めにかれは死んだ。

He died at the beginning of the new year.

そして最後の苦悩の譫語にも自分の無罪を弁解して、繰り返した。

And he exclaimed his innocence in the last anguish, and repeated.

『糸の切れっ端――糸の切れっ端――ごらんくだされここにあります、あなた。

"Scraps of thread-Scraps of thread-You've been fooled here, you.

]

(三十一年三月作)

(March 31st work)

底本:「武蔵野」岩波文庫、岩波書店

Sokomoto: "Musashino" Iwanami Collection, Iwanami Shoten

   1939(昭和14)年2月15日第1刷発行

First issue on February 15, 1939 (Showa 14)

   1972(昭和47)年8月16日第37刷改版発行

Publish the 37th revised edition on August 16, 1972 (Showa 47)

   2002(平成14)年4月5日第77刷発行

Publish the 77th edition on April 5, 2002 (Heisei 14)

底本の親本:「武蔵野」民友社

The base of the book: "Musashino" Minyusha

   1901(明治34)年3月

March 1901 (Meiji 34)

初出:「国民之友」

First appearance: "Komo no Tomo"

   1898(明治31)年3月

March 1898 (Meiji 31)

※底本では作者名は「モーパッサン作 独歩吟客重訳」と表示されています。

* On the bottom, the author's name is displayed as "Morpassan's Doppo Gakuen Translated".

※人名に傍線、地名に二重傍線というパターンからはずれるものも底本通りとし、ママ注記、訂正注記は行いませんでした。

*Patterns that deviate from the pattern of a person's name on a sideline and a place's name on a double sideline have been set to the bottom line, and no mama or correction notes were made.

入力:土屋隆

Input: Takashi Tsuchiya

校正:門田裕志

Calibration: Hiroshi Kadota

2012年7月10日作成

Created July 10, 2012

青空文庫作成ファイル:

File created by Aozora Bunko:

このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。

This file was created at the Aozora Bunko (http://www.aozora.gr.jp/), a library on the Internet.

入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

Volunteers helped input, proofread, and produce.