文学その1

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

ベートーヴェンの生涯:02 ベートーヴェンの生涯:ロラン ロマン:片山 敏彦(645-681)/1248

わしは甘んじて神の審判の前に出よう……(58)」

I will be content to go before the judgment of God ... (58) "

「お前がだめな人間になっているとはいえ、今からでも、正直な人間になろうと決心してみてはどうか?

"While you're a useless person, why don't you decide to be an honest person now?

 わしに対するお前の狡いやり方のため、わしの心は実に苦しんだのだ、それを忘れてしまうことはなかなかできぬほどだ。

心 Because of your cunning of my way, my heart has suffered so much that I can hardly forget it.

わしがお前と、やくざな弟と、恥知らずな家庭からすっかり縁を切ってしまいたいという気持になることは神さまが御存じだ。

God knows that I want to cut you off from your shameless family with you, my younger brother.

――わしはお前をもう信用しない。」

-I don't trust you anymore. "

そして彼は署名する「残念ながらお前の父なる、むしろお前の父ならざるベートーヴェン(59)」と。

And he signs, "Unfortunately, you are your father, rather Beethoven (59), who is not your father."

 しかしその後で彼はたちまちに赦す――

But after that he forgive immediately-

「わしの愛する息子よ、もう何もいわぬ。

"My beloved son, I don't need anything anymore.

わしの両腕の中へ還って来ておくれ。

Please come back into my arms.

もうお前に何も厳しい言葉は聞かせはしない。

I will not tell you any harsh words anymore.

……いつもにかわらぬ愛情をもってお前を迎えるよ。

...... I will always welcome you with affection.

お前の将来についてのことを、打ちとけて話し合おう。

Let's talk about your future.

――けっして叱らないことを約束する。

――I promise not to scold you.

そんなことはもう何にも役には立たないからね。

It doesn't help anything anymore.

お前はわしから最も親身な心配と助力とだけを期待していいのだよ。

You can only expect the most immediate concern and help from me.

どうぞ来てくれ!――お前の父親ベートーヴェンのかわらぬ愛情へ帰って来てくれ! この手紙を見たらすぐにわしの所へ帰ってくれ!」――さらにフランス語で封筒の上に――〔Si vous ne viendrez pas, vous me tuerez su^rement.〕「お前がこないと、お前はきっとわしを殺すことになるよ(60)。」

Please come! -Come back to your father's unbelievable affection!を 見 Please return to me as soon as you see this letter! -And on the envelope in French-[Si vous ne viendrez pas, vous me tuerez su ^ rement.] "If you do not come, you will surely kill me (60)."

「どうか欺してくれるな」と彼は切願する。

"Please don't deceive me," he pleads.

「いつもわしの愛する良い息子であってくれ! 人がわしにそう思い込ませようとすることがほんとうで、もしもお前がわしの目をごまかしているとすると、それは何という恐ろしい過ちだ!――今日はこれだけにする。

"Always be my good dear son! It's true that people try to make me think so, and if you're fooling my eyes, what a terrible mistake!-Today Only this.

お前の生みの父親ではないとはいえ、確かにお前を育てて来、お前がよい人間になるようにとできるかぎりの面倒をみて来たこのわしは、生みの親にもまさる愛情をもって心の底からお前に頼む、どうか正しい善い道だけを歩いてくれ(61)!」

Although I am not the father of your birth, I have brought you up, and have taken care of you as much as I can to be a good person. Ask me, please walk only on the right and good road (61)! "

 知能が足りないわけではなかったので、ベートーヴェンが大学教育の過程を踏ませたいと考えていたこの甥の将来にありとあらゆる希望の夢をはぐくんだのちに、彼は甥を商人にすることに同意せざるを得なくなった。

Not lacking in intelligence, after Beethoven had dreamed of all the hopes of this nephew who wanted to take the course of college education, he agreed to make his nephew a merchant. I had to help.

しかしカルルは賭博に入りびたって借金をした。

However, Karl borrowed after gambling.

 人が想像する以上にしばしば起こる悲しい事実であるが、この場合、伯父の大きい道義性は、甥に幸いせずかえってわざわいしたのである。

悲 A sad fact that happens more often than one might imagine, but in this case the uncle's great morality was bothersome to the nephew.

それは甥を自棄的にさせ、ついには反抗心を起こさせるに到った。

It left the nephew abandoned and eventually led to rebellion.

甥自身がいった次の恐るべき言葉には、この惨めな魂の真相があらわに示されている――「伯父が僕を善人にしようとしたために、僕はかえって悪人になった。」

The nefarious words the nephew himself wrote reveal the truth of this miserable soul: "I became a bad guy because my uncle tried to make me a good man."

一八二六年の夏にカルルは自分の脳天へピストルの弾を撃ち込む事態にまで立ち到った。

In the summer of 1826, Karl reached a point where he could fire a pistol bullet into his brain.

カルルはそれによって命を落とさずに済んだが、そのために致死的な打撃を受けたのはベートーヴェンであった。

Carle did not lose his life, but Beethoven suffered a fatal blow.

この恐ろしい激動から彼は再び立ち直ることができなかった(62)。

From this terrible turmoil he could not recover again (62).

カルルは全快した。

Karl was happy.

彼は生き延びて最後まで――ベートーヴェンの死ぬ日まで――彼を悩ましつづけた。

He survived and remained annoyed to the end—until Beethoven's death.

そしてベートーヴェンの死の原因に対しても決して無縁とはいえないこの男は、ベートーヴェンの臨終のときにもその側にいなかった。

And this man, who was never immune to the cause of Beethoven's death, was not with him at the end of Beethoven's death.

――「神はこれまでわしを見棄て給わなかったのだから」とベートーヴェンは、死に先だつ数年前に甥に宛てて書いた「わしが死ぬときにも、わしの瞼を閉じてくれる人間が誰か一人はいてくれるだろう。」

--Beethoven wrote to his nephew a few years before his death, "Because God has never given up on me and has not given it to me," But someone will be there. "

――この誰か一人の人間は、彼が「自分の息子」と呼び慣れたその者ではついに無かったのである(63)。

-This one person has never been the one he used to call his "son" (63).

      ※

*

 ベートーヴェンが歓喜を頌めようと企てたのは、こんな悲しみの淵の底からである。

Beethoven's attempt to rejoice is from the bottom of this sadness.

 それは彼の全生涯のもくろみであった。

It was his whole life.

まだボンにいた一七九三年からすでにそれを考えていた(64)。

He had been thinking about it since 1793 when he was still in Bonn (64).

生涯を通じて彼は歓喜を歌おうと望んでいた。

Throughout his life he wanted to sing delight.