文学その1

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

ベートーヴェンの生涯:02 ベートーヴェンの生涯:ロラン ロマン:片山 敏彦(612-644)/1248

暁から夜まで帽子もかぶらず日光の中または雨の中を、独りで田舎を歩き廻っていた。

From dawn to night, he wandered alone in the sun or in the rain without a hat.

「全能なる神よ!――森の中で私は幸福である――そこではおのおのの樹がおんみの言葉を語る。

"Oh Almighty God!-I am happy in the woods-where each tree speaks the word of Onmin.

――神よ、何たるこの壮麗さ!――この森の中、丘の上の――この静寂よ――おんみにかしずくためのこの静寂よ!」

-God, what a splendor! -In this forest, on a hill-This silence-This silence for the sake of Onmitsu! "

 彼を圧しつけていたいろいろな窮迫から、彼はこんな散歩によって息をついた(55)。

He was breathed by such a walk from the various distresses that were pressing him (55).

彼は金のための苦労に悩まされていた。

He was struggling for money.

一八一八年に彼は書いた「ほとんど乞食をしなければならないほどになっているが、困っていないかのようなふうを装わねばならぬ。」

In 1818 he wrote, "I almost have to beg, but I have to pretend to be in trouble."

さらにいっている――「作品第百六番の奏鳴曲は、こんな窮迫した状態の中で作った。

Furthermore, "The song No. 106 was made in such a distressed state.

パンを稼ぐために作曲するのはつらい」と。

It's hard to compose to make bread. "

シュポールのいっているところによると、ベートーヴェンは靴が破れて穴があいているために外出できないことがたびたびあった。

According to Spiel, Beethoven was often unable to go out due to broken and punctured shoes.

楽譜出版所に大きい借金をしているし、作曲を出しても金は入ってこなかった。

He borrowed a lot from the music publisher, and he didn't pay for composition.

予約注文で出した『荘厳な弥撒曲』の譜は七人しか注文者がなかった。

There were only seven orders for the score of "Majestic Yazamakyoku" that was ordered.

(その中に音楽家は一人もいなかった(56)。)

(There was no musician among them (56).)

また、一つ一つの作曲が三カ月の仕事を費やした彼の立派な奏鳴曲に対して、彼はせいぜい三十ドゥカーテンか四十ドゥカーテンを受け取っただけだった。

In addition, he received at most thirty or forty-de-curtains for his fine performances, where each composition spent three months of work.

ガリツィーン公は彼に依嘱して作品第百二十七、百三十、百三十二の四重奏曲を作らせた。

Duke Galitzin commissioned him to make a quartet of works 127, 130, 132.

これらはおそらく彼の最も深い作品であり、血をもって書かれたように見える音楽なのであるが、ベートーヴェンはそれに対してまったく支払われなかった。

These are probably his deepest work, music that appears to be written with blood, but Beethoven was not paid for it at all.

家事の困窮と、そして、いつまで待っても支払ってもらえない年金のための、また一人の甥の後見役を引き受けようとするためのほとほと埒の明かない訴訟沙汰とのために彼は疲れ切った。

He was exhausted by the plight of housework, and the unreasonable lawsuits for pensions that he would not be able to afford to wait for and to take over the guardianship of one nephew. .

この甥というのは一八一五年に結核で死んだ弟カルルの息子だった。

This nephew was the son of his younger brother, Carl, who died of tuberculosis in 1815.

 彼は心に溢れていた父親らしい愛情を、この甥の上にそそぎかけた。

He poured his father's affection full of hearts over this nephew.

そしてそこでもまた大きい苦労を味わわされた。

And there was also great hardship there.

それはあたかも一種の恩寵が、彼に不幸を絶え間なく新しく与えつつ、それを募らせつつ、畢竟彼の天才がつねに滋養分に事欠かないように摂理しているかのようにも見えるのである。

It seems as though a kind of grace is constantly renewing and recruiting unhappiness to him, and at the end of the day, his genius always provides for a lack of nutrition.

――ベートーヴェンから少年カルルを取り上げようとしたやくざな母親からその少年を取られないために彼はまず争わねばならなかった――

-He had to fight first because he couldn't get the boy from his ugly mother who tried to take up the boy Karl from Beethoven-

「おお、わが神よ」と彼は書いている「わが砦、わが護り、わが無二の隠れ家よ! おんみには私の心の底がお判りになっています。

"Oh, my God," he wrote, "My fort, my guard, my one and only retreat! I know the bottom of my heart.

私から、私の宝を、私のカルルを取り上げようと(57)している人々を今私が止むを得ず苦しめねばならぬこの悲しさはおんみが御存じです! 私が何と名づけていいか知らない実在者よ。

You know that sadness that I now have to suffer from those who are trying to take my treasure, my carle from me, 57!よ A real person who doesn't know what to call me.

私に耳を傾けて下さい、おんみが造られた人間の中の最も不幸な者のこの祈りをお聴き取り下さい!」

Listen to me, listen to this prayer of the most unfortunate of the humans from whom the doll was made! "

「おお神よ、私を救いに来て下さい! 私が不正と妥協したくないために、私があらゆる人間から見捨てられている有様はごらんの通りです! 私の祈りをお聴き下さい、せめてこの後私が愛するカルルといっしょに暮らせますように!……ああ、無慈悲な、厳しい運命! いな、いな、私の不幸が終わることはあるまい!」

"O God, come and save me! I see how I have been abandoned by all human beings, because I do not want to compromise with injustice! Listen to my prayers, at least I hope I can live with my beloved Karl after this! ... Oh, merciless, harsh destiny! Pain, no, my misery will never end! "

 しかるに、彼がこんなに愛着したこの甥たるや、伯父の信頼に価しない証拠を示すようになるのである。

However, he and his nephew, whom he loved so much, show evidence that deserves his uncle's trust.

ベートーヴェンと甥との文通はミケランジェロとその弟たちとの文通に似て痛ましく腹立たしい調子のものであるが、しかもいっそう素樸な感動的なものである。

The correspondence between Beethoven and his nephew is painful and frustrating, similar to the correspondence between Michelangelo and his brothers, but even more sober and moving.

「わしはまたしてもこれほどひどい忘恩を報いられねばならないのか?

"Do I have to be rewarded with such terrible boon once again?

 よろしい。

Good.

わしたちの間のつながりが断たれるよりほか仕方がないならそうなるがいい! 誰でも公平な人間はお前の忘恩を知ったらお前を憎むだろう。

That would be the case if there is no other way than to cut off the connection between us! Anyone who is fair will hate you if you know your bounty.

わしらを結んでいる愛の絆がお前には重荷になり過ぎるというなら、わしは神の名において神のみこころにお任せする他はない。

If the bond of love that holds us is too burdensome for you, I have no choice but to leave it to God's will in God's name.

神の摂理にお前をおまかせする。

Let God provide you.

できるかぎりのことは尽して来たつもりだ。

I'm going to do everything I can.