文学その1

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

ベートーヴェンの生涯:02 ベートーヴェンの生涯:ロラン ロマン:片山 敏彦(126-169)/1248

絶えて真理を裏切らざれ

Never betray the truth

       ベートーヴェン

Beethoven

         (一七九二年、記念帳)

(1972, commemorative note)

 彼は広い肩幅を持ち力士のような骨組みであったが、背が低くてずんぐりしていた。

He was a wrestler-like skeleton with wide shoulders, but was short and squat.

顔は大きくて赭かった。

The face was big and lush.

ただし晩年に近づいてからは顔の色が病人じみた黄色味を帯びて来た。

However, as he approached his later years, his face became yellowish with the appearance of a sick person.

とりわけ冬、田園を歩くことが少なく、家に閉じ籠もって暮らさなければならなかった時にはなおさらそうであった。

Especially in the winter, I rarely walk in the countryside, especially when I had to live in a house.

額はがっしりと強く盛り上がっていた。

The forehead was strong and strong.

はなはだ黒い、異常に厚い髪の毛――櫛の歯がとうてい梳けなかったかのように見える髪の毛は、思いのままにあらゆる方向へ逆立って、まるで「メドゥーサの頭の蛇ども」のようであった(1)。

Hana's black, unusually thick hair-hair that looks as if the teeth of a comb haven't combed at all, looks like "the medusa's head snakes", standing in all directions at will (1) ).

眼光が強い熱を持っていて、彼に逢った人は誰しもその力を感銘させられた。

The light was so intense that anyone who met him was impressed with its power.

だがその瞳の色については多くの人々が思い違いをしたものである。

But many people misunderstood the color of their eyes.

陰鬱な悲劇的な相貌の中からほの暗い輝きを帯びてその瞳がきらめくときには瞳の色は黒だという印象を人々に与えがちであったのだが実はそれは青みを帯びた灰色なのであった(2)。

When the eyes shimmered in a gloomy tragic look and shone in their eyes, they tended to give people the impression that their eyes were black, but in fact it was bluish gray (2) .

その眼は小さくて深く沈んでいたが、情熱や怒りに憑かれると突然大きく見ひらいて、内部のあらゆる考えを、みごとな誠実さをもって映し示すのであった(3)。

His eyes were small and deeply sunk, but when he was possessed by passion and anger, he suddenly looked wide open and showed all the thoughts inside with great integrity.

また、ときどきは、一種憂鬱な眼つきをもって天の方へ向けられた。

And sometimes they were turned to heaven with a kind of melancholy eye.

鼻は短くて角張っていて、大きかった。

The nose was short, square, and large.

そして獅子の鼻先に似ていた。

And it resembled the lion's nose.

口は精緻にできていた。

The mouth was elaborate.

しかし下唇が上のよりもやや突き出ている気味だった。

However, the lower lip was slightly protruding from above.

顎こそは、胡桃をも噛み砕きそうな強い顎であった。

The jaw was a strong jaw that could even bite walnuts.

頤の、右へ片寄った深い凹みは、顔全体に一種奇妙な不均衡を与えていた。

Yi's deep dent, offset to the right, gave the whole face a sort of strange imbalance.

モーシェレスがいっているが――「彼は親切な微笑いかたをした。

As Moselles said: "He smiled kindly.

そして人と話しているとき、時々愛情ぶかく励ますような様子をした。

And when I talked to people, I sometimes felt affectionate and encouraging.

その代わり、声を出す笑いときたら、不愉快な荒っぽい、顰め面の笑い方で、それにまたいつでも短くとぎれてしまう笑いであった。」

Instead, when it came to laughing out loud, it was an unpleasant, rough, frowning laugh, and a laugh that was always short-lived. "

――それは悦ぶことの習慣を持たない人の笑いなのであった。

――It was the laugh of those who did not have the habit of being happy.

彼の習慣的な平素の表情は憂鬱であった。

His habitual normal expression was melancholy.

「医し難い悲しみ」であった。

It was "sorrow that is hard to see."

レルシュタープが一八二五年にいっている、ベートーヴェンの「優しい眼と、その眼が示している深い悲しみ」とを見て泣き出したくなったのを我慢するため一生懸命で感情を抑制しなければならなかった、と。

I have to work hard and suppress my emotions to endure that Lerstap went to cry in 1825, Beethoven's `` gentle eyes and the deep sorrows her eyes show '' It didn't work.

ブラウン・フォン・ブラウンタールはその一年後に、あるビーヤ・ホールでベートーヴェンに出会ったが、そのときベートーヴェンは片隅に坐って長いパイプで煙草を喫いながら眼をつぶっていた。

One year later, Brown von Brauntal met Beethoven at a beer hall, where Beethoven was sitting in one corner and closing his eyes while enjoying a cigarette with a long pipe.

これは彼が死に近づくにつれて次第に募った彼の癖なのであった。

This was his habit, which he gradually recruited as he approached death.

一人の友が話しかけると彼は悲しげに微笑し、ポケットから小さな「会話のための手帳」を取り出した。

When a friend talked, he smiled sadly and pulled out a small notebook for conversation from his pocket.

そして、聾疾の人が出しがちな鋭い金切声を立てていった、彼に話したいことを手帳に書いてくれ、と。

And the deaf person made a sharp scream that tended to come out, and wrote in his notebook what he wanted to talk to.

往来を歩いている彼にとつぜん襲いかかって、通行人らをもびっくりさせた急激な霊感の発作のときや、ピアノに向かっている彼に突如作曲の発想が生まれたようなとき、彼の顔は変貌するのであった。

When he suddenly attacks him as he walks in the traffic, he suddenly inspires the passersby, and when he suddenly comes to the piano, he comes up with the idea of composition. It changed.

「彼の顔面筋肉は緊張して盛り上がり、血管は膨れた。

"His facial muscles were nervous and the blood vessels were swollen.

荒々しい眼は倍も恐ろしい様子になり、口はブルブルふるえていた。

Her gross eyes were twice as frightening, and her mouth was shaking.

自分で呼び出した魔神たちの力に圧倒されている魔術師のような有様だった。」

It was like a magician overwhelmed by the power of the genie who called himself. "

まさにシェイクスピアの描いた一人物に似ていた(4)。

It resembled Shakespeare's one-man thing (4).

ユーリウス・ベネディクトはいった――「リア王だ」と。

Julius Benedict said-"I'm King Lear."

      ※

*

 ルートヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェンは一七七〇年十二月十六日に、ケルン市に近い、ライン河畔ボン市の貧しい家の見すぼらしい屋根裏部屋に生まれた。

Ludwig van Beethoven was born on December 16, 1770, in a shabby attic of a poor house in Bonn on the Rhine near Cologne.

先祖はフランドルの家系であった(5)。

Their ancestors were of Flemish descent (5).

彼の父は不聡明な、そしていつでも酒に酔っぱらっている次中音の歌唱者であった。

His father was an unsophisticated and always drunk sub-song singer.

母は召使い階級の婦人だった。

My mother was a servant-class woman.

料理人の娘であったが始めある|部屋つき従僕と結婚してその夫に先立たれたのだった。

I was a cook's daughter, but there was a beginning. | I married a servant with a room and was ahead of her husband.

 つらい子供時代――そこには、いっそう幸運なモーツァルトの幼時を取り巻いていたような家庭的な愛情の雰囲気が無かった。

Hard childhood-there was no homely loving atmosphere surrounding the more lucky Mozart childhood.