文学その1

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

幕末維新懐古談:74 初めて家持ちとなったはなし:高村 光雲(45-90)/125

 ところが、平尾さんの方では早速家を探し初めた。

However, Mr. Hirao immediately began looking for a house.

 私には手間を掛けないというので、店の人たち、後藤君などに頼んで私の住居として格好な家を探し始めたのです。

と い う Because I didn't have any trouble, I started asking the shop's people, Mr. Goto, etc. to find a good home for my residence.

無論平尾さんの主意は家と地所と一緒で、地所が自分のものでないということは落ち附きのないことで、地所ぐるみの家作でなければいけないというのでした。

Of course, Mr. Hirao's intent was to stay with the house and the estate, and that the estate was not his own was restless, and he had to make his own house.

で、いろいろ探して四ヶ所候補地を見附けたのでした。

So I searched and found four candidate sites.

 平尾さんの方から人が来て、いよいよ家が四ヶ所見当りました。

人 Hirao-san came to see four homes.

御多忙中ですが、明朝、主人もその家を見に参りますから、あなたも御一緒にお出でを願って決定して頂きたいと主人からのお報せですということ。

I'm busy, but my husband will come to see the house in the morning tomorrow.

私は、その翌朝、打ち合せて置いた団子坂下のやぶ蕎麦で平尾さんに落ち合い、此所で初めて平尾氏に面会したのであった。

The next morning, I met Mr. Hirao at the Yabusoba noodle bar in Sangoshita, where I had a meeting, and I met him for the first time here.

「家が四軒見当りました。

"I found four houses.

どれでも一ヶ所を見立てて下さい。

Look at any one place.

後々のことも決しておひまはつぶさせません。

I'll never let you down later.

登記万端のことなど店のものにいい附けますから」

It will be good for the things of the store, such as the perfect registration. ''

というような至極自由な話、私もこれならば気安いと思いました。

Such an extremely free story, I thought it was cheap.

 その家というのは、一軒は本郷駒込です。

The house is Hongo Komagome.

薬種の取引関係から平尾家へ出入りをしていた藤井という医師があったが、その人の兄の藤井諸照という人の持ち家……これが一つ。

There was a doctor named Fujii who had been in and out of the Hirao family because of a drug-related business relationship.

それから、もう一ヶ所は谷中で、団子坂を降りると石橋がある。

Another stop is Yanaka, and when you get off Dangozaka, you will find Ishibashi.

その側に地面四百坪に家作の附いたところ。

On that side, there is a house work on the ground of 400 tsubo.

も一つは、善光寺坂の上で、大河内の邸の上、一方が藪であった。

One was on Zenkoji-zaka, on a house in Okochi, and on the other was bushes.

此所も四百坪ほどの地面と表通りに貸長屋が数軒附いていた。

Here, there were several rental houses along the ground and the main street, about 400 tsubo.

もう一つは本郷|千駄木町であった。

The other was Hongo | Sendagi town.

 そこで、私は平尾さんと一緒に出掛け、まず善光寺坂の家を見ました。

There, I went out with Mr. Hirao and first saw the house in Zenkojizaka.

平尾さんは、この家が気に入って、「どうです。

Hirao liked this house and said, "How is it?

此所にしたら。

If you are here.

地所も相当広し、家も手入れをすれば住まえる。

The estates are quite large, and the houses can be lived if they are well maintained.

此所に決めたら好いでしょう」といいましたが、私はどうも此所は気に入りませんでした。

I'd love to decide here, "but I didn't really like this place.

附いている貸長屋があって、月々家賃を取るのだというのが、第一|嫌でした。

Firstly, I didn't like that there was a tenant house attached to them and they would pay monthly rent.

家持ちになるのは好いが、貸家をして家賃など取り立てるのはそれこそ大変と思いましたので、これはお断わりしました。

I prefer to own a house, but I refused it because I thought it was very difficult to rent a house and collect rent.

 それから千駄木町と団子坂とを見ましたが、いずれも気に入りません。

Then I saw Sendagi-machi and Dangozaka, but I don't like any of them.

 最後の駒込林町を見ようというので、団子坂を登って右に折れて、林町の裏通りの細い道を這入りまして、一丁目ほど行くと右側に茅葺屋根の門がある。

よ う I'm going to see the last Komagome Forest Town, so I climb up Dango-zaka and turn right.

はてな。

Hatena

この家は去年の春、盆栽の陳列会があって、石川光明氏と一緒に見物に来た時会場になった家で、茅葺屋根の田舎造りで何んだか気に入った家であったがと思ってると、不思議なことにはそのかやぶき屋根の家へ平尾さんが先に立って這入りました。

This house had a bonsai display last spring and was the venue when I came to see it with Mitsuaki Ishikawa, and I liked it because of thatched roof countryside. Strangely enough, Mr. Hirao stood first and crawled into thatched house.

 はてな。

Hatena.

この家がそうなのかしらと思って妙な気がしました。

I wondered if this was the case, and I felt strange.

 かやぶき家根の門を這入ると、右手は梅林、左手が孟宗藪。

這 As you crawl through the gate of the Kayabuki Iene, you will see Bairin on your right and Moso Yabu on your left.

折から秋のことで庭は紅葉し、落葉が飛石などを埋めている。

From autumn to autumn, the garden has turned red and the fallen leaves have buried flying stones.

その中に茅葺屋根が小さく見え、いかにも山の中に隠士でも棲んでいそうな処です。

It looks like a small thatched roof, and it is a place where even a hermit can live in the mountains.

上へあがってからも、石川さんと来たことがあるので、見覚えがあり、間取りなども悪くなく、甚だ気に入りました。

Even after going up, I came with Mr. Ishikawa, so I was familiar with it, the layout was not bad, and I really liked it.

「この家なら私は気に入りました」

"I love this house"

 私は平尾さんにこういいますと、

と I told Hirao-san,

「妙な家が好きですね。

"I like strange houses.

随分引っ込み過ぎて不便なことじゃありませんか。

Isn't it too inconvenient to withdraw too much?

……しかし、なるほど、あなたの好きそうな家ですね。

… But it looks like your favorite house.

それに此所なら私の家へ出入りをしている医師の兄の藤井という人の持ち家だから、取引にも面倒がなくて結構、では此所に決めましょう」ということで早速話が決まりました。

Also, here is my doctor's brother Fujii who goes in and out of my house, so he has no trouble in dealing, so let's decide here. '' .

 地所が二百六十坪ほど、家ぐるみ、七百十五円で登記が済みました。

Registration was completed for about 216 tsubo, house, and 705 yen.

 この家は藤井という人が悴同様にしている人のために住宅として買って置いた家であったが、その人が洋行をしているので、一時不用になり売っても好いというのであった。

This house was a house that Fujii bought and set aside for those who were suffering from distress, but since that person was going overseas, he was temporarily disused and it was good to sell it. .

もっと高かったのを平尾さんとの知り合いのために負けて七百十五円としたということでした。

What was more expensive was that he lost for the acquaintance with Mr. Hirao and made it ¥ 715.

 いよいよ家の登記は済みましたが、手入れをしたり、また七畳の隠居所のような坐敷があるが、これは私の仕事部屋に使うことにして、地所内に別に父の這入る隠居所を建てました。

Finally, the house has been registered, but there is a parlor like a seven-tatami-mat retreat, but this is my work room, and my father crawls into the estate separately. Was built.