文学その1

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

幕末維新懐古談:48 会の名のことなど:高村 光雲(1-42)/42

幕末維新懐古談

Bakumatsu Ishin nostalgic talks

会の名のことなど

The name of the society

高村光雲

Takamura Mitsuun

 そこで、この会名の相談になったのでありますが、牙彫家の集団の会であるから、牙彫の「牙」という文字を入れるか、入れないかという間題になった。

Therefore, we had a consultation on the name of this association, but since it was a group of tusk carvers, it was a question of whether to put the word “tusks” on the tusk.

 無論牙彫の人たちばかりのこと故、「牙」を入れるが当然であるが、しかし、御相談を受けて私もその席上にあってこの話を聴いていたことであったが、元来、私は牙彫師でないのにかかわらず、この会合の仲間に這入って来ているので、或る人などは、高村は畠違いへ踏み込んで来て牙彫の土を持っているなど悪口をいっていることも私は薄々耳にしている所である。

Needless to say, because of the carved people, it is natural to put in "tusks". However, after consultation, I was sitting on the table and listening to this story. Since I'm not a tuner, I'm crawling up with the fellows of this meeting, and some people say that Takamura has stepped into the field and has fang carving soil. I've heard a little about it.

けれど、私の考えとしては、彫刻界の発達進歩の事に骨を折る会合であると思ってこの会に仲間入りしているのでありますからして、彫刻という大きい意味の世界のことについての利害得失に関しては、充分に自己の考えをも申し述べるつもりで、真面目に審議の是非について考えていた所でありました。

However, in my opinion, I joined this society because I thought that it was a meeting that was painstaking about the development and progress of the sculpture world. Regarding, I was going to fully express my thoughts, and was seriously thinking about whether to discuss.

 で、右の会名の問題となって「牙」の文字を入れる入れないとなって、そうして、入れるが当然という話になると、私は一応自分の考えを述べる必要を感じたのであった。

Then, it became a matter of the name on the right, and I couldn't put the letter "Fang". Was.

「私の考えを申しますが、「牙」を表わすことになると「木」をも表わしてもらいたいと私は思います」

"I tell you my thoughts, but when it comes to showing" tusks, "I want you to show" trees. "

 こういう意味で述べました。

ま し た I said in this sense.

 つまり、私の考えは、今日の審議する所は、単に牙彫と限られた会の名を附ける主意のものでなくして、日本の彫刻家の集合でもっと広義な意味のものであると思うのであったわけであります。

In other words, my view is that today's deliberations are not merely a matter of sculpture and the name of a limited society, but rather a broader meaning of a group of Japanese sculptors. I thought it was.

 すると、或る人は、

Then, some people

「なるほど、お考えは一応|御尤と存じますが、しかし木の方は幾人ありますか」

"I see, I think you're good. But how many trees are there?"

という質問をされました。

Was asked.

「幾人あるかとお質問ねに対しては、只今の所差し当り私一人で、弟子に林美雲というものがある位のもので、何んともお答えのしようもありませんが、しかし、今日、私一人であっても、何時までも一人や二人という訳はありますまい。

"When I ask how many people there are, for now I'm the only one who has a disciple named Miun Hayashi, and I can't answer anything. But there is no reason to be alone or two at all times.

他日、幾人に殖えて来るかも分りません。

I also know how many other days they will breed.

木彫りの方がもし殖えた場合「牙」の字を表わした会名では如何かと思われます。

If the wood carving grows, it seems to be something like the name that shows the letter "Fang".

で、牙は牙、木は木とその部によって部を作る時が来ることでありましょうが、その時には自から部長というものが必要だろうと思います。

Then, the time will come when the fangs are fangs, and the trees are made of trees and their parts, but at that time, I think that it is necessary to have a director himself.

会名は牙を表わし、また木を表わす必要はない。

The name represents the fangs, and need not represent trees.

牙も木もすべてを総括した彫刻の意を全体にいい表わす会名が命けられるならば、それは甚だ結構と思います。

It would be enormous if the name of the sculpture that summed up all of the tusks and trees could be ordered.

私は木の方であって、当席に連なっておりますのですが、既に列席を致している以上、右の主意は申し上げて置きたいのであります」

I am a wooden person and I am present at the table, but as long as I am already present, I would like to put my intention on the right. ''

という意味のことを申し述べた。

I mean what I mean.

「只今、木の方の部長ということを申されたが、木の方はどういうことになりますか」

"Now, you have been told that you are the chief of a tree, but what about the tree?"

 またこういう質問が出ました。

I got this question again.

「只今も申す如く木は私一人であるから、部長も何もあり得ることではないが、段々殖えると見るべきが至当であって、入れ物だけは今日この会の成立に際して拵えて置くが順序でないかと思います。

"As I say, the tree is still alone, so it's not possible for the director to do anything. I think it is not.

木の人員が私一人でも、既に一人はあるのである。

Even if I have one tree, I already have one.

他に今一人あるから両人は既にあるのである。

Because there is now one other, both are already there.

今日の場合は部長を欠くということにして、他日殖えた場合に部長を置いたらよろしかろうと思います」

In today's case, I'd like to lack a director, and I'd like to have a director if I breed the other day. ''

と意見を述べた。

And stated his opinion.

 私のこの主張は大体において人々の了解を得ました。

My argument has largely received the consent of the people.

また了解を得られたことは至当のことであったと思います。

And I think it was reasonable to get your consent.

そこで、大森、塩田、前田などの学者側の人と相談をして「東京彫工会」と命名したのでありました。

Therefore, I consulted with scholars such as Omori, Shioda and Maeda and named it "Tokyo Sculpture Association".

 内部の献立が悉皆出来上がり、会名が附いたので届を出し、許可になったので、その年の秋すなわち明治十九年十一月|向両国の貸席|井生村楼で発会することになった。

Since all internal menus were completed and the name of the association was attached, notification was given and permission was granted, so in the autumn of that year, ie, November, 1907 | Rental seats of both countries | To start at Iomuraro became.

底本:「幕末維新懐古談」岩波文庫、岩波書店

Uchimoto: "Bakumatsu Restoration Nostalgia", Iwanami Bunko, Iwanami Shoten

   1995(平成7)年1月17日第1刷発行

発 行 The first print is issued on January 17, 1995 (Heisei 7)

底本の親本:「光雲懐古談」万里閣書房

The parent book of the bottom: "Koun nostalgic talks"

   1929(昭和4)年1月刊

929 January 1929 (Showa 4)

入力:網迫、土屋隆

Input: Amisako, Takashi Tsuchiya

校正:noriko saito

Proofreading: noriko saito

2006年12月22日作成

Created December 22, 2006

青空文庫作成ファイル:

Aozora Bunko Creation File:

このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。

This file was created at Aozora Bunko (http://www.aozora.gr.jp/), an internet library.

入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

Volunteers did input, proofreading, and production.