文学その1

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

幕末維新懐古談:47 彫工会の成り立ちについて:高村 光雲(28-55)/109

と……こういう有様であった。

And ... this was how it was.

 そこで、谷中派の大将株の人たちは、自分側の方で、この組合を作って通過させ、権力を握りたいものであるが、しかし、牙彫界を見渡したところで、前申す如き有様であるから、どうも頭が閊えている。

So, the generals of the Yanaka school want to create and pass this union on their own side, but want to seize power. That's why my head is shaking.

自分たちの好き勝手な真似ばかりをするわけにも参りません。

You can't just copy anything you like.

それで彼らは自分たちの方の幕下のものを糾合し遊説して二百人からの人数をこしらえまして、その組合というものを組織したのであった。

So they rallied and campaigned for their own lower-ranking ones, prepared for a number of two hundred, and organized the union.

 府の掛かりの方でも、牙彫界に幾人の人数が現在にあるものか、充分調べも附いていないので、谷中派の組織して出した願書を許可したのであった。

Even the people in the prefectural government did not fully investigate how many people are currently in the fang carving world, so they approved the application form issued by the Yanaka school.

すなわち谷中派の差し出した願書には二百人以上あるから、この人数は現在の彫刻師の人数の三分の二強であろうと掛かりの人は思っていたので許可したのでしょう。

In other words, there were more than two hundred applicants in the application submitted by the Yanaka school, so the people concerned thought that this number would be a little over two-thirds of the current number of sculptors, and would have granted permission.

それとも、そういうことまで考えも及ばなかったのか。

Or did you even think about that?

とにかく、谷中派のした仕事は通ったのであった。

Anyway, I did the job of the Yanaka school.

 そこで、組長、副組長は谷中派の大将株の両名がなることになって、規則書が出来上がったのである。

Therefore, the governor and the deputy governor were both named Yanaka generals, and the rules were completed.

ところが、それを見ると、親方の方の都合の好いようなことばかり並べてある。

However, if you look at it, you'll find everything that's convenient for the parent.

たとえば親方が弟子や職人を使うのに都合よいこと、つまり後進者を牽制する向きの箇条が甚だ多い。

For example, there are a number of clauses that favor the use of disciples and artisans by the master, that is, the direction to discourage backwards.

年季中に暇を取るものは罰金を取るとか、或る親方から他に移り変るものは組合中使用せぬとか除名するとか、これから修業しようという弟子側に取っては不利益な規約ばかりである。

Those who take time off during the year will be fined, those who move from one master to another will not use or exile during the union, and it is only a disadvantageous rule for disciples who are going to train .

こういうものが出来上がってそれを牙彫界一般に配附したのであります。

Such a thing was completed and distributed to the fang carving world in general.

これを手にした一流側の人々は大いに面喰ったわけでありました。

The first-class people who took this had a lot of fun.

しかし、旭玉山氏や石川光明氏とか、島村俊明、田中玉宝氏などいう人たちは名人|肌な人で、別にこういう世間的のことには一向関係しないので、平生から自分の腕だけのものを作り、気位は高く、先生気取りの人たちであるから、ただ、変なことが初まったものだと思う位であるが、他には、そういう人ばかりでもないので、まず谷中派の人たちに出し抜かれた形で、一体これはどうしたものかと問題になったのであります。

However, people such as Asahi Tamayama and Mitsuaki Ishikawa, Toshiaki Shimamura, and Taho Tanaka are masters | They are people who make things, have a high spirit, and are teacher-minded people. In the form of being outwitted by the people, the question was what happened.

 元来、谷中派と先生派とこれに属する技術家とは技術に対する心掛けが違っているのであるから何にもこの際、弟子側のものを圧迫する必要も感じないし、またいろいろな規約の中に押し籠められる因縁もないと思っている。

Originally, the Yanaka school, the teacher school, and the technicians belonging to this school had different attitudes toward technology, so at this time there was no need to squeeze the disciple's thing, and various rules I don't think there's any reason to get stuck in it.

いわばなるだけ面倒な事には関係しないで仕事に励み忠実熱心である方ですから、こういう不条理な規約書が郵便で、各自の許に舞い込んで来て見ると、甚だ迷惑に感じた。

I am a person who is enthusiastic and committed to work without being involved in any trouble, so when I saw such absurd contracts by mail and came to my own permission, I felt extremely annoying.

もし、不賛成を唱えるとなると、市中で職業が出来ないという。

If he disagrees, he cannot work in the city.

郊外へ退いて行かねばならないとなると、これは差し当って考え物である。

This is an idea for the moment if you have to retreat to the suburbs.

さてそれが困るからといって規約に賛成して、組合へ這入るとなると、平生から仕事の上で侮蔑している所の谷中派の支配を受けねばならない。

By the way, if you get into the union in favor of the Covenant just because you are in trouble, you have to take control of Yanaka faction, which is where Hirao despises his job.

これは郊外へ退去するよりも一層馬鹿気ている。

This is even more ridiculous than leaving the suburbs.

それもまあ好いとしても、修業盛りの弟子たちを何にも圧迫して叱責めることはない。

Even if it's good, it won't squeeze the disciples who are in high training for anything.

かれこれ、この組合規則なるものは甚だ不都合千万なのである。

So, this union rule is a huge inconvenience of 10 million.

これはとても這入るわけには参らんというのがこの派の人たち一般の意向でありました。

It was the general intention of the people of this sect to not crawl very much.

 しかしながら、既にこうして、府からの許可を得て組合規則を出して来たものに対して、不賛成であるからといって、反抗の趣意を申し立てるにしても、この際、反抗するだけの何らか確たる材料がないことにおいては、対抗的に運動することも出来ないということに気が附くと、皆々気を揉んで、どうしたら宣かろうかとよりより協議するような有様であった。

However, even if you disagree with the one who has already issued the union rules with the permission of the prefectural government, even if you claim the intention of rebellion, at this time, there is nothing but rebellion In the absence of certain material, when they realize that they cannot exercise in opposition, it seems like they all have to worry and talk more about how to preach. Was.

 すると、ここに金田兼次郎という人が一つの意見を提出しました。

Kenjiro Kaneda submitted an opinion here.

金田氏は元刀剣の鞘師でありましたが、後牙彫商になって浅草|向柳原に店を持っている貿易商人で、主に上等品を取り扱っているので、先生株の牙彫の人たちと懇意な間柄である(現時金田氏の二代目は日本橋区|大鋸町に店がある)。

Mr. Kaneda was a former sword sword swordsmith, but later became a tusk carver and was a trading merchant with a shop in Asakusa / Mukoyanagihara. (Kaneda's second generation is Nihonbashi-ku | There is a shop in Osawmachi).

今、一人、外山長蔵という同業の人たちも寄り合い、相談をした席で、金田氏のいうには、「それについて、私が思い附いた面白いことがありますが、一つ皆さんへ申し上げて見ましょう。

Now, one of our colleagues, Tozoyama Chozo, came together and consulted, and Mr. Kaneda said, "There is an interesting thing I came up with about it, but I would like to tell you one thing. Let's go.