文学その1

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

幕末維新懐古談:47 彫工会の成り立ちについて:高村 光雲(1-27)/109

幕末維新懐古談

Bakumatsu Ishin nostalgic talks

彫工会の成り立ちについて

About the origin of the carving society

高村光雲

Takamura Mitsuun

 この頃になって一時に種々の事が一緒に起って来るので、どの話をしてよろしいか自分ながら選択に苦しみますが、先に日本美術協会の話をしたから、引き続き、ついでに東京彫工会のことについて話します。

At this time, various things happen together at once, so I have a hard time choosing which one to talk about, but since I talked to the Japan Art Association first, I continued with the Tokyo Sculpture Association Talk about that.

 東京彫工会というものの出来たのは、妙なことが動機となって出来たのであります(ちょっと断わって置きますが、その当時の彫刻家は全部|牙彫という有様であった)。

What made the Tokyo Sculptor Association was a motivation for a strange thing (although let me say a little, all sculptors at that time were like fangs).

その彫刻界に一つの刺撃が与えられそれが導火線となってこの会が起ったのであります。

One stab was given to the sculpture world, and it became a fuse, and this association started.

一方に既に美術協会が成立し、それがますます盛大になっているのであるから、この際別に彫工会というような会の起る必要を感じない訳であるが、それが出来なければならない機運となって来ました。

On the other hand, the Art Association has already been established, and it has become even more prosperous. At this time, we do not feel that there is a need for a carving society, but we need to be able to do so. It has become

この彫工会発会のことについては私は木彫家のことで関係は薄い。

I'm not a scholar about wood carving.

私が当面に立って立ち働いたという訳でもないのであるが、当時の牙彫界には友人の多い関係から多少助力をしたことであるからその行きさつを話して置きます。

I don't mean that I stood up for the time being, but since I was a little helper in the tusk carving world at the time because of my many friends, I will tell you about the details.

 この事は、最初は象牙彫刻の方の人たちのいさかいから初まる……というもおかしな話ですが、まずそういった形であった。

This started with the ivory sculptures at first…. It was a strange story, but it was such a form.

 当時、牙彫の方は全盛期であるから、その工人も実に夥多しいもので、彫刻師といえば牙彫をする人たちのことを指していうのであると世間から思われた位。

At the time, the sculptures were in their heyday, so the number of craftsmen was quite large, and it was widely thought that the sculptor meant the sculpturers.

この事は前に度々申したが、その中で変り者の私位が木の方をやっている位のものであって、ほとんど全部が牙彫であった。

I have often mentioned this before, in which the stranger I was the one doing the woodwork, almost all of which were fangs.

で、こう物が盛んで流行り出せば、何んの業にもあることであるが、その工人仲間の人々の中に党派とか流派とかいうようなものが出来て、同じ牙彫の工人の中でも、比較的上等なものを取り扱って、高尚な方へかたまっている人たちと、牙彫商人の売り物にはめて、貿易向き一方をやり、出来栄は第二にして、まず手間にさえなればよろしいという側の人たちと、こう二つの派に別れば分けられるといった形になって来る。

So, if this thing is prosperous and it becomes popular, it is in any industry, but among the fellow craftsmen, there is something like a party or a school, and even among the same tusk carpenters, If you deal with relatively good things and put them in the lofty, put them on sale by the tussel carpenter and do one for the trade, make the work second and get the trouble first People who are all right and those who are divided into these two groups can be divided.

前のは、なかなか商人のいうままにはならない。

The front doesn't quite go as merchant says.

自分で一己の了見があって、製作本位に仕事をする。

I have my own consent and work on production.

つまり先生株の人たちであり、後のは、何処までも職人的で手間取りが目的、商人のいうままにどうともなろうという側である。

In other words, they are teacher-trained people, and the latter is the side where craftsmanship is used as much as possible, with the aim of taking time and effort, as the merchant says.

こうまず二派に別れるのでありますが、その高尚の方の先生株には、旭玉山氏、石川光明氏、島村俊明氏などを筆頭として、その他沢山ありますが、この人たちがまず代表的の人、いずれも商人の方で一目置いている。

There is a lot of others, such as Mr. Asahi Tamayama, Mitsuaki Ishikawa, Toshiaki Shimamura, etc. , All of them are at a glance at merchants.

一方は商人に使われる組で、一口にいえば売り物専門で貿易目的である。

The other group is used by merchants, which, in short, are for sale and for trading purposes.

この方もなかなか旺んにやっている人たちがあって、その大将株の親方が谷中に住まっておった。

There were also people who were doing this very well, and the master of the general stock lived in Yanaka.

なかなか勢力があったもので、商人との取引も盛んなところから弟子や職工を沢山使っている。

It was a very strong player, and he used a lot of disciples and craftsmen because he had a lot of business with merchants.

牙彫界ではこれを谷中派と称しておったのです。

In the fang carving world, this was called the Yanaka school.

 ところで、当時、東京府(多分府であったと思う)の仕事の中に諸職業の組合組織というものを許可することになった。

By the way, at that time, I was allowed to allow union organizations of various occupations in the work of Tokyo (I think it was probably the prefecture).

それはそれらの団体が一塊となって共通的な行動を取るように仕組まれた組織で、一つの組合には組長、副組長というものがあって、その社会の種々な規約的なことを総括する一つの機関であるのですが、この事が発表になると、牙彫の方でも谷中派の連中がまずその組合というものを組織し出したのです。

It is an organization that is designed to work together as a group and to take common actions, and one union has a manager and a vice-manager, and summarizes the various rules of society. It was an institution, but when this was announced, the Yanaka faction first set up a union for the tusk carvers.

それはたとえば、牙彫業者がここに三百人あるとして、その三分の二以上の人数――すなわち二百人が結托して組合を組織すれば、その組合というものは、その業務に従事しているすべての人の上に権力を働かすことが出来るのであって、よし、他に不賛成者があるとしても、少数者はその規則の下に服さねばならんといった訳であった。

For example, if there are three hundred tusk sculptors here, two-thirds or more of them-that is, if 200 people entrust and form a union, the union will engage in its business. He could exert his power over everyone who did, and he said that even if there were other dissenters, the minority had to be subject to those rules.

もし不賛成者があれば、市内から離れて郡部へ行かねばならんというのである。

If they disagree, they must leave the city and go to the county.

その組合の規約が随分不条理なもので圧制的であると思っても、差し当って職業のことに影響するから、嫌でも入らなければならない。

Even if you think that the union's rules are quite absurd and oppressive, you will have to dislike it because it will affect your profession for the time being.

よくよくいやならば郊外へ出るよりほかはない。

If you do well, you have no choice but to go to the suburbs.