文学その1

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

幕末維新懐古談:46 石川光明氏と心安くなったはなし:高村 光雲(1-51)/140

幕末維新懐古談

Bakumatsu Ishin nostalgic talks

石川光明氏と心安くなったはなし

A story with Mitsuaki Ishikawa feels relieved

高村光雲

Takamura Mitsuun

 さて、話は自然私がどうして石川光明氏と交を結ぶことになったかということに落ちて来ます。

Now, the story naturally falls on why I ended up with Mitsuaki Ishikawa.

それを話します。

Speak it.

 明治十五年、私は西町三番地の家で毎日仕事をしておりました。

、 In the Meiji 15 years, I was working every day at a house at 3 Nishimachi.

仕事場は往来を前にした処で、前述の通りのように至って質素な、ただ仕事が出来るという位の処であった。

The workplace was just before the traffic, and as mentioned above, it was simple enough to just work.

 その頃、木彫りは衰え切っている。

頃 At that time, the wood carvings are in decline.

しかし牙彫りの方は全盛で、この方には知名の人が多く立派に門戸を張ってやっている。

However, the fang carving is in full swing, and there are many people who are well-known and open their doors.

その中で私は石川光明氏の名前は知っておりました。

Among them, I knew the name of Mitsuaki Ishikawa.

それは明治十四年第二回勧業博覧会に同氏の出品があって、それを見て、心|私かに感服したので能くその名を覚えていました。

He had his exhibition at the 2nd Industrial Exposition of Meiji 14 and looked at it and was impressed by my heart.

 同氏の出品は薄肉の額で、同氏得意のもので、世評も大したものであったらしく、私が見ても牙彫界恐らくこの人の右に出るものはなかろうと思いました。

出品 He exhibited a thin-walled forehead, was good at him, and seemed to have had a great reputation, and even if I saw it, I thought that there would probably be nothing to the right of this person.

しかし、その人は知らない。

But he doesn't know.

またこの時に島村俊明氏兄弟の出品もあり、これもなかなかすぐれていると感服して見たことで、光明氏なり、俊明氏なり、いまだ逢ったこともなく顔は見知らぬが定めし立派な人であろうと思うておりました。

At this time, there was also an exhibition by Mr. Toshiaki Shimamura's brothers, and I was impressed that this was also quite good, and I saw Mr. Mitsuaki and Mr. Toshiaki. I thought it would be.

 光明氏はその頃下谷|竹町の生駒様の屋敷中に立派な邸宅を構え、弟子の七、八人も使っておられ、既に立派な先生として世に立っておられたのであるが、そんなことまではその時は知らず、ただ、名前だけを記憶に留めておったのでした。

At that time, Shimotani set up a splendid mansion in Ikoma's mansion in Takemachi, where seven or eight disciples also used him, and he was already standing in the world as a splendid teacher. Until then, I didn't know at that time, just remembered my name.

 私は相変らず降っても照っても西町の仕事場でコツコツと仕事をやっていた。

I was working steadily at the workplace in Nishimachi, whether it rained or shined.

 すると、時折ちょいちょい私の仕事場の前に立ち留まって私の仕事をしているのを見ている人がある。

が あ る There are people who sometimes sit in front of my workplace and watch my work.

時には朝晩立つことがあるので、私も気が附き、その人の人品を見覚えるようになった。

Sometimes I stand up in the morning and evening, so I've noticed that I've come to see the person's personality.

その人というのは小柄な人で、髯をちょいと生やし、打ち見たところお医師か、詩人か、そうでなければ書家画家といったような風体で至極人品のよい人である。

That person is a small person, who grows a whisper a little and is a good person with a genuine quality like a doctor, a poet, or a calligrapher or painter.

格子の外から熱心に覗いて見ている。

Looking eagerly from outside the grid.

私も熱心に仕事をしているのだが、どうかしてちょっと頭を上げてその人の方を見ると、その人は面伏なような顔をしてふいと去ってしまう。

I also work hard, but when I raise my head a little and look at the person, the person looks away and wipes away.

こういうことが幾度となく重なっていました。

These things overlapped several times.

 私は、妙な人だと思っていた。

I thought I was a strange person.

いずれ数奇者で、彫刻を見るのが珍しいのであろう位に思っていた。

I thought she was a strange person and it would be rare to see sculptures.

風采の上から、まず自分の見当は違うまいなど思っていた。

First of all, I thought that my idea wasn't different.

とにかく私の記憶には、もう何処で逢っても見覚えのついている人であった。

Anyway, my memory was someone who was familiar no matter where I met.

 すると、或る夏のこと、先年、私が鋳物師大島氏の家にいた時分、その家で心やすくなっていた牧光弘という鋳物師があって、久方ぶり私の仕事をしている処へ訪ねて来られた。

Then, one summer, last year, when I was at Mr. Oshima's house, there was a founder named Mitsuhiro Maki, who had become easier at that house. I came.

久闊を舒し、いろいろ話の中に、牧氏のいうには、

After a long time, in various stories, Mr. Maki said,

「高村さん、あなたに大変こがれている人があるんだが、一つその人に逢ってやりませんか。

"Mr. Takamura, there are some people who are very worried about you. Would you like to meet one of them?

先方では是非一度逢いたいもんだといって大変逢いたがっているんですよ。

The other side wants to meet you very much because you want to meet once.

この間も行ったらまたあなたの話が出てね。

If you go during this time, your story will come out again.

是非逢いたいっていってました。

I wanted to meet you.

あなた逢う気がありますかね」

Do you want to meet? "

 こういう話。

話 Such a story.

これは珍しいと私は思った。

I thought this was unusual.

「私に逢いたがってる人があるんですって、それは誰ですね」

"Someone wants to meet me, who is it?"

「その人ですか。

"Is that person?

それは石川光明という牙彫家ですよ」

It's a fang sculptor named Mitsuaki Ishikawa. ''

 私はびっくりしました。

I was surprised.

「ええ、石川光明さん、その人が私に逢いたがってるってんですか。

"Yes, Mitsuaki Ishikawa, do you want that person to meet me?

そうですか。

Is that so.

石川さんならまだ逢ったことはないが、あの人の仕事は私も知ってる。

Ishikawa-san hasn't seen him yet, but I know his job.

今の世にどうも恐ろしい人があるもんだと実は私は驚いているんだ」

I'm actually surprised that there are some horrible people in this world. ''

「あなたも石川さんの仕事を感心していますか」

"Are you also impressed with Mr. Ishikawa's work?"

「感心どころのことではない。

"It's not impressive.

敬服していますよ。

I respect you.

私とは違って牙彫りの方だけれども、当今、日本広しといえども、牙彫り師としてはあの人の右に出るものは恐らくありますまい。

Unlike myself, I'm a fang sculptor, but even now in Japan, as a sculptor, there is probably no one on the right of that person.

私は博覧会の薄肉の額を見た時から、すっかり敬服しているんだ。

I've been admiring the whole thing since I saw the thin forehead of the expo.

その石川さんが私に逢いたいなんて……そんならこっちからお目に掛かりに行きたいもんです。

That Ishikawa-san wants to see me ... I want to see you from here.

案内してくれますか」

Will you guide me? "

「そりゃ、案内するのは訳はありませんが、しかし、高村さん、そりゃいけませんよ。

"Well, there is no reason to guide me, but Mr. Takamura, I must.