文学その1

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

幕末維新懐古談:24 堀田原へ引っ越した頃のはなし:高村 光雲(1-31)/31

幕末維新懐古談

Bakumatsu Restoration Old-fashioned Story

堀田原へ引っ越した頃のはなし

Story when we moved to Hotahara

高村光雲

Takamura

 私は結婚後|暫く親の家へ帰っていた。

After I got married, I went home for a while.

ちょうどそれを境にして彼の金谷おきせさんは穀屋の店を畳んで堀田原の家に世帯を引き取りました。

Just after that, his wife Kanise folds up the grain shop and takes the household to the house in Horitawara.

 この家は私が戸主で、養母が住んでいるけれども、それはほんの名義だけのことであるから、万事は師匠の意見、またお悦さんおきせさんなど姉妹の都合の好いままに任せ、私は自分の家なる前回|度々申した彼の源空寺門前の親たちの家にいることになりました。

I am the owner of this house, and my foster mother lives in it, but it is just the name, so everything depends on the opinions of the teachers and the convenience of sisters such as Oki Oise, and I I will be at my parent's house in front of his Genku-ji Temple.

 もうこの頃では北清島町という町の名前など附いていた頃であった。

It was around this time that the name of the town called Kita-Kijimajima was added.

 師匠東雲師の住居は駒形にあったが、その時分蔵前の北元町四番地へ転宅することになった。

Master Shinonome's residence was in Komagata, but at that time, he decided to move to No. 4 Kitamotocho in front of the storehouse.

 この家は旧|札差の作えた家で、間口が四|間に二間半の袖蔵が付いており、奥行は十間、総二階という建物で、木口もよろしく立派な建物であったが、一時牛肉屋になっていたので随分|甚く荒らしてあった。

This house is an old | house made by Sadashi, the frontage is four | with two and a half sleeves in between, the depth is a ten-story, two-story building, and the front is nice and nice. I was a beef shop for a while.

これが売り物に出たのを師匠が買い取ったのであるが、その頃の売り買いが四百円であったとはいかに家屋の値段が安かったかということが分ります。

The teacher bought this for sale, but it can be seen that the price of the house was cheap if the buying and selling at that time was 400 yen.

地面は浅草|茅町の大隅という人のものであった。

The ground was from a person named Osumi in Asakusa.

師匠の手に渡ると、造作を仕直し充分に手入れを致しましたが、これらの費用一切を精算して七百円で上がりました。

I went over to the master's hand and reworked the work, but I managed it well.

当時江戸の仏師の店としてはなかなか立派なものでありました。

At that time, it was quite a great shop for a Buddhist priest in Edo.

 私は毎日弁当をもって北清島町からこの蔵前の家へ通っておった。

I went from Kita-Kijima-cho to this Kuramae house with lunch every day.

道程がかなりにあることで、雨や雪の降る時は草鞋穿きなどで通うこともある。

Due to the considerable distance, when it rains or snows, you can go to work on grass.

朝は早く、夕方は手元の見えなくなるまで仕事をして、それからてくてく家に帰り、夜食を済まし、一服する間もなく又候夜なべに取り掛かるという始末であった。

The work was done early in the morning and in the evening until I couldn't see my hands, then went back to my home, finished the evening meal, and soon started working on the climax.

これというもとにかく仕事に精を出さないでは、一日の手間二十五銭では一家四人暮しの世帯を張っていては、よし父には父の取り前もあるとはいっても、老人の事で私の心がどうも不安であるから、決まっている手間の上に夜業をして余分にいくばくかを働いたようなわけであって、ほとんど二六時中、仕事のことに没頭していることであり、また朝夕の行き帰りの道もなかなか遠くもある処から随分とそれは骨が折れました。

This means that if you don't work hard, you have a family of four living in a day of 25 yuan, and even though your father has a father, My heart was so uneasy about that, so it was like working a night work over the time and effort that I had decided, and I was almost immersed in my work almost all the time. It was a long time from the place where the way back and forth in the morning and evening was quite far away.

そうして小一年もこういう状態が続いて明治九年も暮れてしまいましたが、その年か翌年であったか、私たち一家が全部堀田原の家へ転宅することになりました。

Then, this kind of situation continued for a little year, and even the end of the Meiji nine years, it was that year or the next year, we all decided to move to the house of Horitahara.

 これは金谷のおきせさんが一旦世帯を堀田原へ移して一人でいましたが、まだそうお婆さんになったというではなく、再縁のはなしが出て或る家へ嫁入りすることになったので、したがってお悦さんが一人になること故、この方は蔵前の師匠の方へ手伝いがてら一緒になるということになり、堀田原の家が明くによって、師匠は私に其家へ来てくれてはどうだという。

This was because Kanase's Okise once moved the household to Hottawara, but it was not so much that she was still a grandmother, because a renewal story came out and it was decided to marry a certain house Therefore, because the grandmother will be alone, this person will be together with the help of the master of Kuramae, and the house of Horitawara will come, and the teacher will come to me How about you?

私の方も堀田原へ移れば家もこれまでよりは手広になるし、通う道程も四分の一位になって都合もよいので、師匠の意のままに堀田原へ全部移転したのであった。

If I move to Horitawara, the house will be wider than before, and the way to go will be convenient as it is a quarter, so I moved all the way to Horitahara as my teacher wanted. It was.

 私に取って思い出の多かった源空寺門前の家とは、これで縁が切れたことになるのです。

This is the end of the relationship with the house in front of the Genku-ji Temple, which I had a lot of memories for.

底本:「幕末維新懐古談」岩波文庫、岩波書店

Sokomoto: “Bakumatsu Restoration Retrospective”, Iwanami Bunko, Iwanami Shoten

   1995(平成7)年1月17日第1刷発行

Issued the first print on January 17, 1995

底本の親本:「光雲懐古談」万里閣書房

Masterbook of the bottom book: “Kanun nostalgia story” Manrikaku Shobo

   1929(昭和4)年1月刊

January 1929 (Showa 4)

入力:網迫、土屋隆

Input: Aisako, Takashi Tsuchiya

校正:noriko saito

Proofreading: noriko saito

2006年9月8日作成

Created on September 8, 2006

青空文庫作成ファイル:

Blue sky library creation file:

このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。

This file was created by Aozora Bunko (http://www.aozora.gr.jp/), an Internet library.

入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

Volunteers are responsible for input, proofreading, and production.