文学その1

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

(私はさきごろ):高村 光太郎(1-34)/34

(私はさきごろ)

(I'm about to come)

高村光太郎

Kotaro Takamura

 私はさきごろミケランジェロの事を調べたり、書いたりして数旬を過ごしたが、まったくその中に没頭していたため、この岩手の山の中にいながらまるで日本に居るような気がせず、朝夕を夢うつつの境に送り、何だか眼の前の見なれた風景さえ不思議な倒錯を起して、小屋つづきの疎林はパリのフォンテンブロオの森かと思われ、坂の上の雪と風とに押しひしがれてそいだような形になっている松の木はあのローマの傘松を聯想させ、見渡すかぎりの清水野のゆるい起伏はローマ郊外のいわゆるカムパーニヤ ロマーノの展望にさえ見えるのであった。

I spent a few months investigating and writing about Michelangelo, but I was totally immersed in it, so I didn't feel like I was in Japan while staying in the mountains of Iwate. , Sent to the border of dreaming morning and evening, and even the scenery that was seen in front of my eyes caused a mysterious perversion, the sparse forest of the hut seems to be the Fontaine Broo forest in Paris, pushed against the snow and wind on the hill The pine trees that are shaped like diamonds are reminiscent of the Roman umbrella pine, and the loose undulations of Shimizuno as far as you can see are even visible in the outlook of the so-called Campania Romano in the outskirts of Rome.

炉辺で眼をつぶると、何だかアルノオ河の河岸の石だたみや、ポンテ ヴェッキオの橋が近所にあるように思われたり、遠くの空にローマのサン ピエトロの円屋根が聳えていたりする。

If you close your eyes at the hearth of the furnace, it seems that there are stones on the banks of the Arnoo River, Ponte Vecchio's bridge in the neighborhood, and the Roman roof of St. Peter's in the distance.

今は一九五〇年の冬のはじめで、ここは日本東北地方の山の中だという現実がうそのように思えたりした。

It was the beginning of the winter of 1950s, and it seemed like a lie that it was in the mountains of Tohoku, Japan.

 そういう心的状態の中で私はまっすぐにミケランジェロを凝視した。

[In such a mental state, I stared straight at Michelangelo.

この稀有な人間の正体がどんなものであるかを見きわめようとした。

I tried to find out what this rare human identity is.

私の脳裏のミケランジェロはその行蔵の表裏矛盾にみちしかも底の底ではただ一本道を驀進するタンクのような人間であった。

My back Michelangelo was a human like a tank that was in the bottom of the bottom of the Gyozo, and was just struggling on the bottom.

一体彼がとって動かぬ根本のささえとなったものは何であろう。

What is the root support he has not taken?

時代の常識から考えればむろんそれは神であり、クリストであり、マリアであったといわねばならず、彼も亦神をかき、クリストを画き、マリアを画き、且つ石で彫り、神に祈る多くの詩を書いた。

From the common sense of the times, of course, it must be said that it was a god, a Christ, and a Maria, and he also worships a god, draws Christ, draws Mary, carves with stone, and prays to God I wrote a poem.

心のきしめく時必ず神をよんだ。

I always call God when my heart is tightened.

だが、彼の神とは何であろう。

But what is his god?

どう考えてもそれはヴァチカン宮の中に居ない神のようである。

It seems like a god who is not in the Vatican.

彼自身が画にかき、彫刻に彫った神やクリストやマリアのようなものではなかったようだ。

It seems that he was not like God, Christo, or Mary, who himself painted and carved.

彼は十三四の頃から聖書によみ耽り、又ダンテの「神曲」に魂を奪われていたのであるから、それらのものが彼の内に形づくった素朴な映像が次第に増大して、後年の多くの製作となったには違いないが、その映像も最初はやはり先人の遺した多くの伝統的映像に養われたものであろうし、結局それは一つの仮設の世界のものであり、伝説的存立としての仮象であるから、彼の自らつくる神なりクリストなりマリアなりが、彼の内なる生きた神なりクリストなりマリアなりと同じであったとはうけ取れない。

Since he was singing in the Bible since about 1434, and Dante's “God” was robbed of his soul, the rustic images that formed them in him gradually increased, and later It must have been a lot of productions of the year, but the video was originally nourished by the many traditional images left behind by its predecessors, and after all it was from a temporary world. Because it is a phantom as a legendary existence, it cannot be accepted that his own god Christ or Mary is the same as his living god Christ or Mary.

彼が一生涯に作った多くのそれらの絵画彫刻は、彼にとってまことに絵画であり彫刻であったに過ぎず、神やクリストやマリアはその絵画彫刻の伝説的主題として純粋な芸術的意味の外に意味は持たなかったに違いない。

Many of those painting sculptures he made in his lifetime were truly paintings and sculptures for him, and God, Christo and Maria were outside the pure artistic meaning as the legendary subject of their painting sculpture. It must have had no meaning.

彼の内なる神とはただ犯し難い自然の理法の事であり、クリストとは人間の中の人間の事であり、マリアとは母の中なる母の事であったというより外はない。

His inner god is just a natural law that is hard to commit, Christ is a human being in human beings, and Maria is a mother in mother.

彼はクリスト教オルソドックスのまっただ中に生き、至上者法王と常に顔を合せながら、彼はまったくその外側に息づいていた。

He lived in the midst of Christoph Orthodox, and he was alive outside, always in contact with the Supreme Pope.

彼はそれらのもののドグマをそのままには受取らず、時代の常識としての宗教に仕えるかわりにもっと別の次元に身を置いていた。

He did not receive the dogma of those things as they were, but instead put himself in a different dimension instead of serving the religion as a common sense of the times.

美こそ彼をささえていた唯一のものであり、彼にとって一切は美の次元から照射されてはじめて腑甲斐あるものとなった。

Beauty is the only thing that has supported him, and for him everything is only irritated from the dimension of beauty.

美は宗教から出る放射物であり得ず、かかる宗教とは次元を異にする別個の力であり、いわゆる宗教上のもろもろの伝説は、ただ伝説として美の世界に役立つものでしかなかった。

Beauty cannot be a radiation from a religion, and it is a separate force that is different from such a religion.

彼は法王庁カペラ シスチナの天井に旧訳聖書を画き、正面壁画に最後の審判を画きながら、ただひたすら人間造型の美を究めようとした。

He drew an old translation of the Bible on the ceiling of the Pope Capella Sistina, and he was just trying to explore the beauty of anthropomorphism while drawing the final referee on the front mural.

自然の理法が示す比例均衡の美を人間の手に変圧して捉えようとした。

I tried to transform the beauty of proportional equilibrium shown by the law of nature into human hands.

美に仕えることが彼の内なる神に仕えることであった。

Serving beauty was serving his inner god.

ヴァチカン宮の宗教は殆と彼と無縁であったように見える。

It seems that the Vatican's religion was largely unrelated to him.

底本:「昭和文学全集第4巻」小学館

Sokomoto: "Showa Literature Complete Works Vol.4" Shogakkan

   1989(平成元)年4月1日初版第1刷発行

Published the first edition of the first edition on April 1, 1989

   1994(平成5)年9月10日初版第2刷発行

Issued the second edition of the first edition on September 10, 1994

入力:門田裕志

Input: Yuji Kadota

校正:仙酔ゑびす

Proofreading

2006年11月20日作成

Created on November 20, 2006

青空文庫作成ファイル:

Blue sky library creation file:

このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。

This file was created by the internet library, Aozora Bunko (http://www.aozora.gr.jp/).

入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

Volunteers are responsible for input, proofreading, and production.