文学その1

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

蝉の美と造型:高村 光太郎(1-45)/91

蝉の美と造型

The beauty and molding of cocoons

高村光太郎

Kotaro Takamura

 私はよく蝉の木彫をつくる。

I often make oak wood carvings.

鳥獣虫魚何でも興味の無いものはないが、造型的意味から見て彫刻に適するものと適さないものとがある。

There is nothing that you are not interested in, but there are things that are suitable for sculpture and those that are not suitable for sculpture.

私は虫類に友人が甚だ多く、バッタ、コオロギ、トンボ、カマキリ、セミ、クモの類は親友の方であり、カマキリの三角あたまなどには殊に愛着を感じ、よく自分の髪の毛を抜いて彼に御馳走する。

I have many friends with reptiles, grasshoppers, crickets, dragonflies, praying mantis, cicadas, and spiders are close friends. Treat to.

カマキリは人間の髪の毛が非常に好きで進呈すると幾本でも貪り食う。

The praying mantis likes human hair very much and eats as many as it presents.

恐れるという事を知らない彼の性質も中々おもしろい。

His nature, which does not know that he is afraid, is also interesting.

しかし彼は彫刻にはならない。

But he is not a sculpture.

形態が彫刻に向かない。

The form is not suitable for sculpture.

バッタ、コオロギも其点では役に立たない。

Grasshoppers and crickets are useless at that point.

トンボには銀ヤンマのような堂々たる者もあり、トオスミトンボのような楚々たる者もあり、アカトンボのようなしゃれた者もあって、一寸彫刻に面白そうに思えるが、これがやはり駄目。

Some dragonflies are dignified like Gin Yanma, others are dignified like Toosmi dragonflies, and some are foolish like red dragonflies.

彫刻的契機に乏しい。

There is little sculpture opportunity.

作れば作れるが作ると却て自然の美と品位とを害い、彫刻であるよりも玩具に近い、又は文人的骨董に類するものとなる。

If you make it, you can make it, but if you make it, it harms the beauty and dignity of nature, and it is closer to a toy than a sculpture, or similar to a literary antique.

其点でセミは大に違う。

Semi is very different in that respect.

彼はその形態の中にひどく彫刻的なものを具えている。

He has a terribly sculptural object in its form.

しかも私が彼を好むのはむろん彫刻以前からの事である。

Moreover, I have always liked him since before sculpture.

 子供は皆この生きた風琴を好む。

All children like this live style koto.

私も子供の頃夏になると谷中天王寺の森の中を夢中に馳けまわって彼をつかまえた。

When I was a kid, I caught him in the summer in the Yanaka Tennoji Forest.

モチの木の皮をはいで石でたたいて強いモチを作り、竹竿のさきに指をなめては其をまきつける楽しさを今でも稍感傷的に思出す。

I still think of the fun of stroking the bark of a mochi tree with a stone and making a strong mochi, licking my finger on the front of the bamboo basket and laying it.

私はなぜかクモの巣の糸を集めて捉えるという方法を当時知らなかった。

I didn't know how to collect and catch the spider web for some reason.

これは最近になって聞いた方法である。

This is the method I've heard recently.

これで採れるなら此の方がよい。

If you can get this, this is better.

翅を傷めないに違いない。

I must not hurt my niece.

セミが思いがけなく低い木の幹などに止まって鳴いているのを発見すると、まったく動悸のするほど昂奮する。

When he finds that a cicada stops unexpectedly on a low tree trunk, he is thrilled.

今でもする。

I still do it.

 私は夏の夕方など時々モデル漁りに出かける事があるが多くは自分では獲れず、顔なじみの子供等にもらって来る。

I sometimes go out for model fishing, such as summer evenings, but most of them are not caught by myself and come to children who are familiar with their faces.

セミがあの有りったけの声をふりしぼるように鳴きさかっているのを見ると、獲るのも躊躇させられるほど大まじめで、鳴き終ると忽ちぱっと飛び立って、慌ててそこらの物にぶつかりながら場所をかえるや否や、寸暇も無いというように直ぐ又鳴きはじめる、あの一心不乱な恋のよびかけには同情せずにいられない。

Seeing the cicada screaming as if squeezing its voice, it was so serious that it was made to be trapped, and when it finished screaming, it flew away quickly and hurriedly hit the places and hit the places As soon as I change, I can't help feeling sympathy for the unrequited love that begins to cry again as if I have no spare time.

よびかける事に夢中になっていて呼びかける目的を忘れてしまったのではないかと思うほど鳴く事に憑かれている。

I'm so obsessed with calling that that I've been forgotten that I've forgotten the purpose of calling.

実際私はセミが配偶者を得たところを見た事が無い。

In fact I have never seen a cicada get a spouse.

 東京にはジイジイ、アブラ、ミンミン、ツクヅクボウシ、カナカナ位しか居らず、ハルゼミ、チッチゼミ、クマゼミ、エゾゼミなどは居ないようである。

In Tokyo, there are only Jijii, Abra, Min Min, Tsukubo Kuboushi, and Kanakana ranks, and there seems to be no Harzemi, Titchzemi, Kumazemi, and Ezozemi.

私が実際手にして見たのはそれ故甚だ種類少く、この中でもハルゼミ、エゾゼミはまだ見ない。

I have actually seen so few things, and I haven't seen Harzemi or Ezozemi yet.

クマゼミは先年熱海で松の木のてっぺんに鳴いているのを見たが竿が届かず、手にはとれなかった。

Kumazemi saw him crying at the top of a pine tree in Atami last year, but he couldn't pick it up because he couldn't reach it.

ジイジイが一番質朴で顔も眼が離れていてとぼけている。

Jijii is the simplest and the face is blurred.

アブラは大きくて、精悍で、野蛮で、がんばり強く、その声の止め度もなく連続するフォルチシモの物凄い通りに、姿も剛健一点張である。

Abra is big, daring, barbaric, hard-working.

私は好んでこのセミを作る。

I prefer to make this cicada.

翅まで厚くて不透明で茶褐色である事、胴体が割に長くて頭の小さい事などが彫刻にいい。

It is good for sculptures that it is thick, opaque and dark brown, and has a long torso and a small head.

ミンミンは此に比べると豪華で、美麗で、技巧的で、上等に見える。

Minmin is gorgeous, beautiful, technical, and looks better than this.

翅の透明な、胸や腹の緑と黒の模様のおもしろい、彫刻に作っては派手なセミである。

A transparent cicada with a green and black pattern on the chest and belly.

胴体は短く、腹部の末端の急すぼまりのところが可笑しい。

The torso is short and the steep constriction at the end of the abdomen is funny.

彫刻では翅は雲母を蒔いたり、銀粉を掃いたりする。

In sculpture, the foxes scoop mica and sweep silver dust.

ツクヅクボウシとカナカナとは女性的で、獲るとすぐ死ぬ。

Tsuku ヅ Kuboushi and Kanakana are feminine and die as soon as they are caught.

姿も華奢で、優美で、青々とした精霊の感じがある。

Appearance is delicate, graceful and lush spirit.

クマゼミ又の名シャンシャンゼミはセミの中で一番巨大で色も黒、緑の外に橙色が交り、翅も透明でしかも強く、形もよいようであるが、此は手にとって見たのでないから詳細は知らない。

Kuma-Zemi or the famous Champ-Semi-Zemi is the largest in the cicada, the color is black, the orange color is mixed with the green, the haze is transparent and strong, and the shape seems to be good, but this is not seen by the hand I don't know the details.

ハルゼミは先年五月末越後長岡の悠久山の松林の中でその幽遠な声を聞いたが、姿は見なかった。

Harzemi heard the sound in the pine forest of Ekugo Nagaoka in Echigo Nagaoka last May, but did not see him.

 セミの彫刻的契機はその全体のまとまりのいい事にある。

The semi-sculptural opportunity is in the unity of the whole.