文学その1

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

触覚の世界:高村 光太郎(53-121)/170

いつでも私の触覚は音楽をきく時の第一関門となるのである。

My tactile sense is always the first barrier when I play music.

 香とは微分子なのだそうである。

It seems that incense is a micromolecule.

肥くさいのは肥の微分子が飛びこむのだそうである。

It seems that fertilizer micro-molecules jump in.

道理で私は香をも肌でかぐ。

By reason, I smell the incense with my skin.

万物に匂の無いものはない。

There is nothing odorless in everything.

してみれば万物は常にその微分子を放散させているのである。

If you try, everything will always dissipate its micromolecules.

自ら形骸を滅尽しつつあるのである。

The corpse is being exhausted by itself.

滅尽の度の早いのが香料だというだけである。

It's just that the perfume is the one that is exhausted quickly.

微分子があまり一度に多量に飛びこむと圧迫される。

When a large amount of micromolecules jumps in at once, it is pressed.

香料は皆言わば稀薄である。

All fragrances are so thin.

香水の原料は悪臭である。

The raw material of perfume is malodor.

所謂オリジナルは屍人くさく、麝香は嘔吐を催させ、伽羅の烟はけむったい油煙に過ぎず、百合花の花粉は頭痛を起させる。

The so-called originals are awkward, the incense causes vomiting, the mandala's cocoon is just an oily smoke, and the lily pollen causes a headache.

嗅覚とは生理上にも鼻の粘膜の触覚であるに違いない。

The sense of smell must be physiologically the sense of touch of the mucous membrane of the nose.

だから聯想的形容詞でなく、厚ぼったい匂や、ざらざらな匂や、すべすべな匂や、ねとねとな匂や、おしゃべりな匂や、屹立した匂や、やけどする匂があるのである。

Therefore, it is not a contemplative adjective, but has a thick odor, a rough odor, a smooth odor, a neat scent, a chatty odor, a standing odor, and a burning odor.

 味覚はもちろん触覚である。

Sense of taste is of course tactile.

甘いも、辛いも、酸いも、あまり大まかな名称で、実は味わいを計る真の観念とはなり難い。

Sweet, spicy, and sour, with too broad names, it is difficult to become a true idea of measuring taste.

キントンの甘いのはキントンだけの持つ一種の味的触覚に過ぎない。

Kinton's sweetness is just a kind of taste and touch that only Kinton has.

入れた砂糖の延長ではない。

It is not an extension of the added sugar.

 乾いた砂糖は湿った砂糖ではない。

Dry sugar is not wet sugar.

印度人がカレイドライスを指で味わい、そば好きがそばを咽喉で味わい、鮨を箸で喰べない人のあるのは常識である。

It is common sense that some Indians taste karei dries with their fingers, soba noodles taste soba with their throats, and they cannot eat salmon with chopsticks.

調理の妙とはトオンである。

The magic of cooking is Toon.

色彩に於けるトオンと別種のものではない。

It is not different from Toon in color.

 五官は互に共通しているというよりも、殆ど全く触覚に統一せられている。

The five officials are almost completely unified with the sense of touch, rather than being in common with each other.

所謂第六官といわれる位置の感覚も、素より同根である。

The sense of position, so-called sixth officer, is more rooted than it is.

水平、垂直の感覚を、彫刻家はねそべっていても知る。

The sculptor knows the feeling of horizontal and vertical.

大工はさげふりと差金で柱や桁を測る。

The carpenter measures the pillars and girders with a beard and a difference.

彫刻家は眼の触覚が掴む。

The sculptor has a sense of touch.

所謂|太刀風を知らなければ彫刻は形を成さない。

If you don't know the so-called sword style, the sculpture will not form.

 彫刻家は物を掴みたがる。

Sculptor wants to grab things.

つかんだ感じで万象を見たがる。

I want to see everything in my hand.

彼の眼には万象が所謂「絵のよう」には映って来ない。

Everything in his eyes is not reflected in the so-called “picture”.

彼は月を撫でてみる。

He strokes the moon.

焚火にあたるように太陽にあたる。

Hit the sun like a bonfire.

樹木は確かに一本ずつ立っている。

Trees certainly stand one by one.

地面は確かにがっしり其処にある。

The ground is certainly there.

風景は何処をみても微妙に組み立てられている。

The scenery is delicately assembled no matter where you look.

人体のように骨組がある。

There is a skeleton like the human body.

筋肉がある。

There are muscles.

肌がある。

I have skin.

そうして、均衡があり、機構がある。

So there is a balance and a mechanism.

重さがあり、軽さがある。

There is weight and there is lightness.

突きとめたものがある。

There is something that I found.

 此処に一つの詩がある。

There is one poem here.

こんな風に一人の彫刻家は人生をまでも観る。

In this way, one sculptor watches life.

或男はイエスの懐に手を入れて二つの創痕を撫でてみた

A man put his hand in his pocket and stroked two scars.

一人のかたくなな彫刻家は

One hard sculptor

万象をおのれ自身の指で触つてみる

Try touching everything with your own fingers

水を裂いて中をのぞき

Tear the water and look inside

天を割つて入りこまうとする

Try to break into the heavens

ほんとに君をつかまへてからはじめて君を君だと思ふ

I think you're the first time you've really caught you

 彫刻家が君をつかまえるという時、其れは君の裸をつかまえるという事を意味する。

When a sculptor catches you, it means catch your nakedness.

人間同志は案外相互の裸を知らないものである。

Human comrades do not know the mutual nakedness unexpectedly.

実に荷に余るほどのものを沢山着込んで生きている。

I live with a lot of things that are really unloading.

彫刻家はその附属物をみんな取ってしまった君自身だけを見たがるのである。

The sculptor wants to see only you who have taken all the attachments.

一人の碩学がある。

There is one scholarship.

その深博な学問は其人自身ではない。

The profound study is not himself.

その人自身の裸はもっと内奥の処にあたたかく生きている。

The person's own nakedness is alive more deeply inside.

カントの哲学はカント自身ではない。

Kant's philosophy is not Kant himself.

カント自身はその哲学を貫く中軸の奥に一個の存在として生きている。

Kant himself lives as a single entity at the back of the central axis that runs through the philosophy.

厨川白村の該博な知識は彼自身ではない。

The knowledge of Hiroshi Shiramura is not his own.

彼自身は別個の存在として著書|堆積裏に蟠居している。

He himself is a separate entity.

その人の裸がその学問と切り離せない程偉大な事もある。

There are things that are so great that their nakedness is inseparable from their studies.

又その学問の下に聖読庸行、見るも醜怪な姿をしている事もある。

In addition, under the discipline, there are times when you see a sacred reading and look suspicious.

世上で人が人を見る時、多くの場合、その閲歴を、その勲章を、その業績を、その才能を、その思想を、その主張を、その道徳を、その気質、又はその性格を見る。

When a person sees a person in the world, he often sees his review history, his medal, his achievements, his talent, his thoughts, his claims, his morals, his temperament, or his character.

 彫刻家はそういうものを一先ず取り去る。

Sculptor removes such things first.

奪い得るものは最後のものまでも奪い取る。

What you can steal, even the last one.

そのあとに残るものをつかもうとする。

Try to grab what remains after that.

其処まで突きとめないうちは、君を君だと思わないのである。

I don't think you're you until I find it.

 人間の最後に残るもの、どうしても取り去る事の出来ないもの、外側からは手のつけられないもの、当人自身でも左右し得ぬもの、中から育つより外仕方の無いもの、従って縦横|無礙なもの、何にも無くして実存するもの、この名状し難い人間の裸を彫刻家は観破したがるのである。

Things that remain at the end of humans, things that can never be removed, things that cannot be touched from the outside, things that can not be influenced by the person himself, things that can't be helped from growing inside, so vertical and horizontal | The sculptor wants to see the things that exist without anything, the things that exist without anything, and the bareness of human beings that are difficult to name.