文学その1

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

ある心の風景:梶井 基次郎(185-271)/271

 護岸工事に使う小石が積んであった。

There were pebbles used for revetment work.

それは秋日の下で一種の強い匂いをたてていた。

It had a kind of strong smell under the autumn sun.

荒神橋の方に遠心乾燥器が草原に転っていた。

Centrifugal dryer was rolled on the grass towards Arashi Bridge.

そのあたりで測量の巻尺が光っていた。

The measuring tape was shining around it.

 川水は荒神橋の下手で簾のようになって落ちている。

The river water is falling like a moth below the Aragami Bridge.

夏草の茂った中洲の彼方で、浅瀬は輝きながらサラサラ鳴っていた。

On the side of Nakasu, where the summer grass was thickened, the shallows screamed while shining.

鶺鴒が飛んでいた。

A kite was flying.

 背を刺すような日表は、蔭となるとさすが秋の冷たさが跼っていた。

The date of the stabbing spine was supposed to be acupuncture, but the cold of autumn was scolding.

喬はそこに腰を下した。

The wolf sat down there.

「人が通る、車が通る」と思った。

I thought, "people pass, cars pass."

また

Also

「街では自分は苦しい」と思った。

I thought, "I am painful in the city."

 川向うの道を徒歩や車が通っていた。

Walks and cars were passing along the riverside road.

川添の公設市場。

Kawasoe's public market.

タールの樽が積んである小屋。

A hut filled with tar barrels.

空地では家を建てるのか人びとが働いていた。

People were working to build a house in the open space.

 川上からは時どき風が吹いて来た。

The wind blew from time to time from Kawakami.

カサコソと彼の坐っている前を、皺になった新聞紙が押されて行った。

Before Kasakoso and his sitting, a crumpled newspaper was pressed.

小石に阻まれ、一しきり風に堪えていたが、ガックリ一つ転ると、また運ばれて行った。

It was blocked by pebbles, and she was tolerant of wind for a long time, but when she slipped, it was carried again.

 二人の子供に一匹の犬が川上の方へ歩いて行く。

One dog walks up the river to two children.

犬は戻って、ちょっとその新聞紙を嗅いで見、また子供のあとへついて行った。

The dog came back, looked at the newspaper for a moment, and went after the child.

 川のこちら岸には高い欅の樹が葉を茂らせている。

There is a leaf of tall oak on the shore of the river.

喬は風に戦いでいるその高い梢に心は惹かれた。

He was attracted to the high treetops fighting in the wind.

ややしばらく凝視っているうちに、彼の心の裡のなにかがその梢に棲り、高い気流のなかで小さい葉と共に揺れ青い枝と共に撓んでいるのが感じられた。

While I was staring for a while, I felt that something in his heart rose to the treetop and it was swinging with the blue branch with the small leaf in the high air stream.

「ああこの気持」と喬は思った。

"Oh I feel this," I thought.

「視ること、それはもうなにかなのだ。

"Looking, it's something else.

自分の魂の一部分あるいは全部がそれに乗り移ることなのだ」

It's about a part or all of your soul getting over it. "

 喬はそんなことを思った。

Satoshi thought about that.

毎夜のように彼の坐る窓辺、その誘惑――病鬱や生活の苦渋が鎮められ、ある距りをおいて眺められるものとなる心の不思議が、ここの高い欅の梢にも感じられるのだった。

Every night the window where he sits, his temptation-the wonders of the heart that will be calmed down by the sickness and distress of life, and can be seen at a certain distance, can also be felt in the treetops of the tall moss here It was.

「街では自分は苦しい」

"I have a hard time in town"

 北には加茂の森が赤い鳥居を点じていた。

In the north, the forest of Kamo had a red torii.

その上に遠い山々は累って見える。

The distant mountains appear on top of it.

比叡山――それを背景にして、紡績工場の煙突が煙を立登らせていた。

Mt. Hiei-With that background, the chimney of the spinning mill was letting the smoke rise.

赤|煉瓦の建物。

Red | Brick building.

ポスト。

post.

荒神橋には自転車が通り、パラソルや馬力が動いていた。

Arakami Bridge had bicycles passing, parasols and horsepower moving.

日蔭は磧に伸び、物売りのラッパが鳴っていた。

The sun rose to the side, and the trumpet of the seller rang.

Five

 喬は夜更けまで街をほっつき歩くことがあった。

The wolf sometimes walked around the city until late at night.

 人通りの絶えた四条通は稀に酔っ払いが通るくらいのもので、夜霧はアスファルトの上までおりて来ている。

The crowded Shijo-dori is rarely drunk, and the night fog is on the asphalt.

両側の店はゴミ箱を舗道に出して戸を鎖してしまっている。

Stores on both sides put trash cans on the pavement and chain the doors.

所どころに嘔吐がはいてあったり、ゴミ箱が倒されていたりした。

There were vomiting everywhere, and the trash was thrown down.

喬は自分も酒に酔ったときの経験は頭に上り、今は静かに歩くのだった。

He was up in his head when he was drunk, and he walked quietly now.

 新京極に折れると、たてた戸の間から金盥を持って風呂へ出かけてゆく女の下駄が鳴り、ローラースケートを持ち出す小店員、うどんの出前を運ぶ男、往来の真中で棒押しをしている若者などが、異様な盛り場の夜更けを見せている。

When it is broken in the Shinkyogoku, a woman who goes out to the bath with a hammer in a room with a gold ring sounds, a small clerk who takes out roller skates, a man who carries the delivery of udon, a stick in the middle of traffic Young people are showing up late at a strange place.

昼間は雑閙のなかに埋れていたこの人びとはこの時刻になって存在を現わして来るのだと思えた。

In the daytime, it seemed that these people, who had been buried in the chaos, would appear to be present at this time.

 新京極を抜けると町はほんとうの夜更けになっている。

The town has become a true night after leaving the New Kyogoku Pole.

昼間は気のつかない自分の下駄の音が変に耳につく。

In the daytime, I can hear the sound of my clogs I don't notice.

そしてあたりの静寂は、なにか自分が変なたくらみを持って町を歩いているような感じを起こさせる。

And the silence around makes me feel like I'm walking around the town with some strange things.

 喬は腰に朝鮮の小さい鈴を提げて、そんな夜更け歩いた。

He carried a small Korean bell on his hip and walked that night.

それは岡崎公園にあった博覧会の朝鮮館で友人が買って来たものだった。

That was what a friend bought at the Korean hall of the exposition that was in Okazaki Park.

銀の地に青や赤の七宝がおいてあり、美しい枯れた音がした。

There was a blue and red cloisonne on the ground of silver, and there was a beautiful dead sound.

人びとのなかでは聞こえなくなり、夜更けの道で鳴り出すそれは、彼の心の象徴のように思えた。

It could not be heard in the people, and it would sound like a symbol of his heart, ringing in the night walk.

 ここでも町は、窓辺から見る風景のように、歩いている彼に展けてゆくのであった。

Here too, the town was able to show him walking as a landscape seen from the windowsill.

 生まれてからまだ一度も踏まなかった道。

A road I have never stepped on since I was born.

そして同時に、実に親しい思いを起こさせる道。

And at the same time, it is a way to really create a feeling of closeness.

――それはもう彼が限られた回数通り過ぎたことのあるいつもの道ではなかった。

-It was no longer the usual way he had passed a limited number of times.

いつの頃から歩いているのか、喬は自分がとことわの過ぎてゆく者であるのを今は感じた。

When I was walking, I felt now that I was a passing person.

 そんな時朝鮮の鈴は、喬の心を顫わせて鳴った。

At that time, the Korean bell rang with the heart of the wolf.

ある時は、喬の現身は道の上に失われ鈴の音だけが町を過るかと思われた。

At one point, it was thought that the true nature of the wolf was lost on the road and only the sound of the bell passed through the town.

またある時それは腰のあたりに湧き出して、彼の身体の内部へ流れ入る澄み透った溪流のように思えた。

Also at one time it burst out around the waist and seemed like a clear stream flowing into the inside of his body.

それは身体を流れめぐって、病気に汚れた彼の血を、洗い清めてくれるのだ。

It flows through the body and cleanses his sickly-stained blood.

「俺はだんだん癒ってゆくぞ」

"I will gradually heal"

 コロコロ、コロコロ、彼の小さな希望は深夜の空気を清らかに顫わせた。

Korokoro, Korokoro, his little hope made the late-night air clean.

Six

 窓からの風景はいつの夜も渝らなかった。

The scenery from the window did not come back any night.

喬にはどの夜もみな一つに思える。

Every night seems to be one in the evening.

 しかしある夜、喬は暗のなかの木に、一点の蒼白い光を見出した。

But one night, the wolf found a spotted white light in a dark tree.

いずれなにかの虫には違いないと思えた。

It seemed to be some kind of insect.

次の夜も、次の夜も、喬はその光を見た。

The next night and the next night, I saw the light.

 そして彼が窓辺を去って、寝床の上に横になるとき、彼は部屋のなかの暗にも一点の燐光を感じた。

And when he left the window and lay down on the bed, he felt a single point of phosphorescence in the darkness of the room.

「私の病んでいる生き物。

"My sick creature.

私は暗闇のなかにやがて消えてしまう。

I will soon disappear in the dark.

しかしお前は睡らないでひとりおきているように思える。

But you do not sleep and it seems like you are alone.

そとの虫のように……青い燐光を燃しながら……」

Like its head insects ... burning blue phosphorescence ... "

底本:「檸檬・ある心の風景 他二十編」旺文社文庫、旺文社

Somoto: "That's a scene of a certain heart Other 20's" Obunsha Bunko, Obunsha

   1972(昭和47)年12月10日初版発行

December 10, 1972 First edition published

   1974(昭和49)年第4刷発行

1974 (Showa 49) year fourth print issue

初出:「青空」青空社

First appearance: "blue sky" blue sky company

   1926(大正15)年8月号

August 1926 (Taisho 15)

※編集部による傍注は省略しました。

※ Side notes by editorial department were omitted.

入力:j.utiyama

Input: j.utiyama

校正:陸野義弘

Calibration: Yoshihiro Rikuno

1998年10月13日公開

Published October 13, 1998

2016年7月5日修正

July 5, 2016 correction

青空文庫作成ファイル:

Aozora Bunko Creation File:

このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。

This file was created by the Internet library, Aozora Bunko (http://www.aozora.gr.jp/).

入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

Volunteers were the ones who took part in input, proofreading and production.