文学その1

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

或る少女の死まで:室生 犀星(1376-1433)/1742

「それまでしてくれなくともよかったんだが、本当にすまない。」

"I didn't have to do it until then, but I'm really sorry."

 私達は、こうした事柄の後にありがちなお互いの昂奮したような心持を、押し隠すようにして坐りあっていた。

We sat in such a way as to conceal the inspiring minds of each other that were likely after these things.

Sは、思った通りのことをやりぬけた安らかな顔をして、じっと額の肖像をながめた。

S looked at the forehead portrait with a peaceful face that did what he thought.

私は心に重苦しいものを感じながらも深い感謝を感じた。

I felt deeply grateful while feeling heavy things in my heart.

 二人は永い間、そうして坐り合いながら、おたがいの視線を逃れあっていた。

For so long, they sat back and fled each other's gaze.

あまりにセンチメンタルに思われはしないかという懸念のために、ときどきSはせかせかと額の絵を眺めたり、窓のそとを見たりした。

From time to time, S looked at the picture of the forehead and looked at the bottom of the window for fear of being too sentimental.

私は私でああした友の善良な、あまりに過激なやり方のために心は慌てたようにバランスを失った状態をつづけているのを苦しくかんじた。

Because of the good, too radical way of my friend I did, I felt painfully keeping my balance out of balance.

 Sは突然に、

S suddenly

「久しぶりで飲もうじゃないか。」

"Don't you drink after a long time?"

と言った。

Said.

 私もそれがこの押し黙ったところから切り抜けるために必要なような気がした。

I also felt that it was necessary to get through it from where I left off.

 私達は、日暮に近い街路へ出て行った。

We went out to the street near the night sun.

私の家からすこし行くと、根津へ下りる坂があって、桜がふた側に並木をつくっていた。

When I went a little from my house, there was a slope down to Nezu, and cherry blossoms were forming a row of trees on the lid side.

本郷高台のあたりにまだ秋の日の静かな微光が漂うていた。

There was still a quiet dim light of autumn day around Hongo Takadai.

 S酒場へはもう私達は行かなかった。

We did not go to S bar anymore.

街かどの小さなカッフェで、私どもは盃をなめ始めた。

In the small cafe in the city, we started to lick the broom.

「君がさきに世の中へ出たら、僕は君の地盤に坐り込む。

"If you come to the world before, I will sit in your ground.

君が僕を引立ててくれるだろうな。」

You will bring me back. "

 彼は赤くなった顔をあげた。

He gave a reddish face.

「喜んでやるよ。

"I'm happy.

君の方がさきでも同じいことだ。

You are the same as before.

どちらかが先に出るんだね。」

Either one comes first. "

「それにね。

"That's it.

もう間もなく世間に出られるような気がするんだ。

I feel like I'll be leaving the world soon.

苦しんだだけでも出ずにいられない気がするからな。」

I feel that I can not help but come out just because I suffered. "

「ほんとだ。

"It's true.

僕らは少し黙り過ぎるのだ。

We are a little too silent.

お互に永く忘れないで行くんだね。」

I will not forget each other for a long time. "

 私達は話しながら、もう胸の中がすっかり溶け合ったことを感じた。

As we talked, I felt that my heart was completely melted.

「さきのことを考えると楽しみだ。

"I think it's fun to think of it.

君もそう思うだろう。」

You will think so too. "

「一日でも早く出たいな。」

"I want to go out as soon as possible."

 こう語りながら間もなく私どもは街路へ出た。

Soon after we talked, we went to the street.

すべての夜の街衢のよそおいが晴晴しく輝いて、私どもの健康なからだに触れるものを懐しがった。

The facade of the city all night shone wonderfully and I forgot what touched our healthy body.

美しい逞しい女の散歩する姿もひとりでに今夜は、わけてもしめやかに眼にうつった。

The figure of a beautiful lonely woman taking a walk was also alone in the eyes of tonight.

「今夜は女がばかにきれいに見える。

"A woman looks pretty tonight.

しかもいやな女に一人もあわないね。

And no one cares for a nasty woman.

みな優しい顔の人ばかりだ。」

Everyone is just a kind face. "

 Sは嬉しそうに、通る女らの、白い、あるいは、なよやかな肩つきや、髪のかたちなどを喜んだ。

S was happy and delighted with the white and gentle shoulders and hair shapes of the passing women.

まるで地上にこうしたいろいろな女がおろされて、寂しいもののために充分な慰めを頒けあたえてくれる命令者があるように、ことに、いつものようにつんとした女や、毛ぎらいばかりしている厭な表情をもったものが歩いていなかった。

Just like a woman who is down on the ground and a commander who gives enough comfort for a lonely one, he is always trying to make a woman or a hairdresser as usual. The one with a dignified look was not walking.

すべてがよく調和された美事な夜の天国が、いま下されたばかりの新しさで、私どもの歩いてゆく到るところな街衢に輝いていた。

A heavenly night in a beautiful night where everything was well harmonized, with the newness that has just come down, was shining in the streets we walked through.

 それは、Sのいうように、「みんなにキスをして上げたくなる」晩であり、「みんなと腹をさらけ出して話したくなる」晩でもあった。

As S said, it was the evening that "I want to kiss and raise everyone" and also the evening that "I want to talk with everyone to talk out".

一人の喜びは決して一人のみに限られたものではない。

The joy of one is not limited to just one.

それは、みんな人間が知覚しないあいだに、人間と人間とが静かに分け与えられているものにちがいない。

It must be one in which humans and humans are divided quietly while everyone is not perceptible.

心や神経の外に、別な、人間同志さえ知ることのできない微妙な霊的なるものが、ひそかに囁き合っているのにちがいない。

Other than the mind and the nerve, another subtle spiritual thing which can not even know human beings must be secretly in secret.

見えない命令者がいるように、霊のみが住み合った世界があるにちがいない。

Just as there are invisible commanders, there must be a world where only spirits live.

「Sバーへ行って見よう。

"Let's go to the S bar.

あそこの子供の顔を見にゆこう。」

Let's look at the face of a child over there. "

 Sは言い出した。

S said.

私はすぐに暗い気になったが、しかし、あの女の子はどうしているかも知りたかった。

I felt dark at once, but I also wanted to know what that girl was doing.

それに永く行かなかった。

I did not go there for a long time.

 私たちがあの不吉な思いにみたされてバーへ這入ると、そこには、まだ見たことのない若い女がいた。

When we went to a bar when we were embarrassingly thoughtless, there was a young woman who had never seen it.

見るからに、うすぺらな、いやな感じのする型であった。

As I saw it, it was a type that felt fine and unfriendly.

「おひさしゅうございますのね。」

"You're welcome."

と言っておかみが出て来た。

The saying came out.

 私達は酒を註文した。

We made a declaration of alcohol.

しかし何かしら物足りなかった。

But something was missing.

いつも坐っているはずの女の子がいないためであることは無論ではあったが、他に客もなく、しんと寂しかった。

It was obvious that it was because there was no girl who should always be sitting, but there were no other guests and it was sad.