文学その1

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

2021-01-01から1日間の記事一覧

あの時分:国木田 独歩(32-56)/128

「お玉さん」 "Odama-san" 「人をばかにしている!」と上田が目を丸くしますと、「お玉さん、……樋口さん……お玉さん……樋口さん……」と響き渡る高い調子で鸚鵡は続けざま叫び出したので、政法も木村も私もあっけに取られていますと、駆けこんで来たのが四郎とい…