文学その1

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

2020-08-12から1日間の記事一覧

源おじ:国木田 独歩(270-337)/337

頬を連いてきらめくものは涙なるかも。 The twinkling cheeks may become tears. 屋根を渡る風の音す、門に立てる松の梢を嘯きて過ぎぬ。 The sound of the wind across the roof, the pine treetops that stand at the gate, are ridiculed. 翌朝早く起きい…