文学その1

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

2020-07-29から1日間の記事一覧

武蔵野:国木田 独歩(100-137)/391

あるいはまたあたり一面にわかに薄暗くなりだして、瞬く間に物のあいろも見えなくなり、樺の木立ちも、降り積ッたままでまた日の眼に逢わぬ雪のように、白くおぼろに霞む――と小雨が忍びやかに、怪し気に、私語するようにバラバラと降ッて通ッた。 Or it sudd…