文学その1

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

2020-01-12から1日間の記事一覧

幕末維新懐古談:47 彫工会の成り立ちについて:高村 光雲(79-109)/109

「折角此所まで進んで来て、このままで済ましてしまうのは惜しいではないか。 "Is it regrettable that we can go up to this point and do it as it is? 何んとかしようではないか」 Let's do something. " という意見が誰いうとなく起って来た。 The opini…