文学その1

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

2020-01-10から1日間の記事一覧

幕末維新懐古談:47 彫工会の成り立ちについて:高村 光雲(28-55)/109

と……こういう有様であった。 And ... this was how it was. そこで、谷中派の大将株の人たちは、自分側の方で、この組合を作って通過させ、権力を握りたいものであるが、しかし、牙彫界を見渡したところで、前申す如き有様であるから、どうも頭が閊えている…