文学その1

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

2019-06-05から1日間の記事一覧

ある心の風景:梶井 基次郎(185-271)/271

護岸工事に使う小石が積んであった。 There were pebbles used for revetment work. それは秋日の下で一種の強い匂いをたてていた。 It had a kind of strong smell under the autumn sun. 荒神橋の方に遠心乾燥器が草原に転っていた。 Centrifugal dryer wa…