文学その1

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

鏡花氏の文章:中島 敦(30-79)/79

所で、一体、阿片の快楽に慣れるためには、はじめ一方ならぬ不快と苦痛とを忍ばねばならぬという。 By the way, in order to get used to the pleasures of opium, it is said that one must endure the unpleasant discomfort and pain. しかも、一度それに…

鏡花氏の文章:中島 敦(1-29)/79

鏡花氏の文章 Kyoka's text 中島敦 Atsushi Nakajima 日本には花の名所があるように、日本の文学にも情緒の名所がある。 Just as there are flower spots in Japan, there are emotional spots in Japanese literature. 泉鏡花氏の芸術が即ちそれだ。 That i…

牛人:中島 敦(103-167)/167

この頃になってようやく叔孫にも、この近臣に対する疑いが湧いて来た。 It was only around this time that my grandchildren were suspicious of this close vassal. 汝の言葉は真実か? Are your words true? と吃として聞き返したのはそのためである。 Th…

牛人:中島 敦(53-102)/167

魯の襄公が死んで若い昭公の代となる頃から、叔孫の健康が衰え始めた。 The health of his grandson began to decline from the time when Lu's Duke died and became the young Duke's generation. 丘蕕という所へ狩りに行った帰りに悪寒を覚えて寝付いてか…

牛人:中島 敦(1-52)/167

牛人 Cowman 中島敦 Atsushi Nakajima 魯の叔孫豹がまだ若かった頃、乱を避けて一時|斉に奔ったことがある。 When Lu's aunt Panther was still young, he avoided the turbulence and temporarily sought it all at once. 途に魯の北境|庚宗の地で一美婦…

狐憑:中島 敦(78-143)/143

余り笑うのでその訳を訊ねると、シャクの排斥を発議した例の長老が最近それと同じような惨めな経験をしたという評判だからだ、と言った。 He laughs so much that he asks why, saying that the elder who proposed the exclusion of Shak has a reputation …

狐憑:中島 敦(42-77)/143

おかしいのは、シャクの方でも(あるいは、シャクに宿る霊共の方でも)多くの聞き手を期待するようになったことである。 The funny thing is that Shak (or even the spirits who live in Shak) have come to expect more listeners. シャクの聴衆は次第にふ…

狐憑:中島 敦(1-41)/143

狐憑 Fox possession 中島敦 Atsushi Nakajima ネウリ部落のシャクに憑きものがしたという評判である。 It has a reputation for being possessed by the cow parsley of the Neuri village. 色々なものがこの男にのり移るのだそうだ。 It seems that variou…

かめれおん日記:中島 敦(465-523)/523

人間は何時迄たつても仲々|成人にならないものだと思ふ。 Human beings are friends with each other | I think that they will never grow up. といふより、髭が生えても皺が寄つても、結局、幼稚さといふ點では何時迄も子供なのであつて、唯、しかつめら…

かめれおん日記:中島 敦(426-464)/523

人間の心理的動搖が氣壓に何かの影響を及ぼすものだとしたら、午後の職員室の此のモヤ/\したものは、確かに晴雨計の上に大きな變化を與へてゐるに違ひないと思はれた。 If human psychological movements have any effect on the atmospheric pressure, th…

かめれおん日記:中島 敦(396-425)/523

併し其の場合にも猶、負惜しみ的な弱者の強がりが、(傍人に見えるのは差支へないとして)自分に意識されて立派とは思へない。 At the same time, even in that case, I don't think that the strength of the regrettable and vulnerable is worthy of bein…

かめれおん日記:中島 敦(360-395)/523

アミエルの乾物になるな。 Don't be Amiel's dry matter. 自分で自分のあり方を客觀的に見ようなどといふ・自然に悖つた不遜な眞似は止めろ。 Trying to see yourself objectively ・ Stop the irreverent imitation that naturally agonizes you. 無反省に…

かめれおん日記:中島 敦(295-359)/523

私自身の性情も、傾向としては、それに似たものを有つてゐるやうだ。 My own sexuality also tends to be similar to that. さういふ特殊の人達に往々見られる優れた獨創的な思考力だけは缺いて。 Only the excellent and creative thinking ability that is…

かめれおん日記:中島 敦(260-294)/523

身體を二つに切斷されると、直ぐに、切られた各※の部分が互ひに鬪爭を始める蟲があるさうだが、自分もそんな蟲になつたやうな氣がする。 As soon as the body was cut in two, there was a bug that the cut parts of each * started to squeeze each other,…

かめれおん日記:中島 敦(212-259)/523

少しもよくなんかなりはしない。) I don't do much well at all. ) 私はこの馬鹿げた企てに成功した。 I succeeded in this ridiculous attempt. 本當の睡眠も本當の覺醒も私からは失はれた。 Both the sleep of the book and the awakening of the book we…

かめれおん日記:中島 敦(181-211)/523

それから又、ものごと(自分自身をも含めて)の内側に直接はひつて行くことが出來ず、先づ外から、それに對して位置測定を試みる。 Then again, I can't go directly inside things (including myself), so I try to measure the position from the outside …

かめれおん日記:中島 敦(139-180)/523

其處には、この詩人が誕生した日の・瑞象に充ちた星座の配置が、自己の偉大さへの自信に溢れた筆つきで記されてゐる。 In that, the arrangement of the constellations filled in the elephant on the day when this poet was born is written with a brush…

かめれおん日記:中島 敦(97-138)/523

高等小學生的人物と彼を評した者がゐる。 There is a person who described him as a high school student. 小學校の高等科の生徒といふものは中學生のやうな小生意氣さが無く、實に良く働いて、中學生などよりどれ程役に立つか判らないといふのである。 It …

かめれおん日記:中島 敦(50-96)/523

曾て小笠原に遊んだ時の海の色。 The color of the sea when I played in Ogasawara. 熱帶樹の厚い葉の艶。 The luster of the thick leaves of the hot tree. 油ぎつた眩しい空。 The greasy and dazzling sky. 原色的な鮮麗な色彩と、燃上る光と熱。 Brill…

かめれおん日記:中島 敦(1-49)/523

かめれおん日記 Kameleon Diary 中島敦 Atsushi Nakajima 蟲有※者。 Bugs * Person. 一身兩口、爭相※也。 One person, Mr. Akira * ya. 遂相食、因自殺。 Finally, a suicide. ――韓非子―― --Han Feizi-- 一 One 博物教室から職員室へ引揚げて來る時、途中の…

河馬:中島 敦(80-182)/182

何故の長き首ぞも中ほどをギユウと掴めばギヤアと鳴くらむ Why does the long neck squeak when you grab the middle part? 大蛇 Large snake うね/\とくねりからめる錦蛇|一匹にかあらむ二匹にかあらむ Reticulated pythons that ridge / \ and swell | …

河馬:中島 敦(1-79)/182

河馬 hippopotamus 中島敦 Atsushi Nakajima 河馬の歌 Hippopotamus song うす紅くおほに開ける河馬の口にキャベツ落ち込み行方知らずも The cabbage falls into the mouth of the river horse that opens in a light red color ぽつかりと水に浮きゐる河馬…

盈虚:中島 敦(202-247)/247

諸公子・侍臣等の少数を従え、例の高冠昂尾の愛※を自ら抱いて公は後門を踰える。 Following a small number of courtiers, samurai, etc., the public holds the back gate with the love of the high crowned tail *. 慣れぬこととて足を踏み外して墜ち、し…

盈虚:中島 敦(148-201)/247

荒涼たる曠野に、檐も傾いた古い楼台が一つ聳え、そこへ一人の男が上って、髪を振り乱して叫んでいる。 In the desolate Shizuno, there was an old tower with a tilted sword, and a man climbed up there, screaming with his hair disturbed. 「見えるわ…

盈虚:中島 敦(95-147)/247

此の太子疾と、大夫に昇った渾良夫とだけが、荘公にとっての腹心といってよかった。 Only this Taishi sword and Yoshio So, who had risen to the rank of a big husband, could be said to be the confidants of Zhuang. 或夜、荘公は渾良夫に向って、先の…

盈虚:中島 敦(58-94)/247

己の当然嗣ぐべき位を奪った・そして執拗に己の入国を拒否する・貪慾な憎むべき・若い衛侯が在るだけである。 There are only young guards who have robbed themselves of their natural position, and relentlessly refuse to enter the country, and are …

盈虚:中島 敦(1-57)/247

盈虚 Void 中島敦 Atsushi Nakajima 衛の霊公の三十九年と云う年の秋に、太子|※※が父の命を受けて斉に使したことがある。 In the fall of the 39th year of the spirit of Mamoru, the prince | ** once used it all at once at the behest of his father. …

わかれ:国木田 独歩(174-271)/271

これ松本治子と田宮峰二郎なり。 This is Haruko Matsumoto and Minejiro Tamiya. 青年は切符を買いて治子に渡し、二人は人々に後れてプラットフォームの方に出で、人目を避くるごとく、かなたなる暗きあたりを相並びて歩めり。 The young man buys a ticket…

わかれ:国木田 独歩(137-173)/271

たちまち浮かびたちまち沈み、回転りつ、ためらいつす。 Immediately floats and sinks, spins, and hesitates. かれは一つを見送りつまた一つを迎え、小なるを見失いては大なるをまてり。 He sees off one and welcomes another, and if he loses sight of …

わかれ:国木田 独歩(106-136)/271

永久の別れとは何ぞ。 What is a permanent farewell? かれの心はかき乱されぬ。 His heart is not disturbed. 昨夜はほとんど眠らざりき。 I almost fell asleep last night. 行く末のかれが大望は霧のかなたに立ちておぼろながら確かにかれの心を惹き、恋…