文学その1

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

置土産:国木田 独歩(1-11)/148

置土産 Souvenir 国木田独歩 Doppo Kunikida 餅は円形きが普通なるわざと三角にひねりて客の目を惹かんと企みしようなれど実は餡をつつむに手数のかからぬ工夫不思議にあたりて、三角餅の名いつしかその近在に広まり、この茶店の小さいに似合わぬ繁盛、しか…

初恋:国木田 独歩(42-66)/66

老先生は静かに起ちあがりさま『お前そんな生意気なことを言うものでない、益になるところとならぬところが少年の頭でわかると思うか、今夜宅へおいで、いろいろ話して聞かすから』と言い捨てて孫娘と共に山を下りてしまった。 The old teacher quietly stoo…

初恋:国木田 独歩(1-41)/66

初恋 First love 国木田独歩 Doppo Kunikida 僕の十四の時であった。 It was my 14th time. 僕の村に大沢先生という老人が住んでいたと仮定したまえ。 Suppose an old man named Dr. Osawa lived in my village. イヤサ事実だが試みにそう仮定せよということ…

郊外:国木田 独歩(288-359)/359

』 ] あくまで太い事をいって、立ち上がって便所へ行きながら、『その代わり便所の窓から念仏の一つも唱えてやらア。 I just said a big thing, and while I got up and went to the toilet, I said, "Instead, I chanted one of the Nembutsu from the wind…

郊外:国木田 独歩(220-287)/359

それで僕は明日自分で持って来てやると約束して来たんだ。 So I promised to bring it myself tomorrow. 今日は降るから閉口したが待っていると気の毒だから、これから行って来ようと思う。 I'm closing today because it will rain, but I'm sorry if I'm w…

郊外:国木田 独歩(196-219)/359

そこでまたこうも思った、何もそう固まるには及ばない、気になるならなるで、ちょっと見て烏か狐か盗賊か鬼か蛇かもしくは一つ目小僧か大入道かそれを確かめて、安心して画いたがよサそうなものだ、よろしいそうだと振り向こうとしたが、残念でたまらない、…

郊外:国木田 独歩(174-195)/359

断然この希望をなげうってしまうかとも思ったがその時思い当たッたのは君の事だ。 I wondered if this hope would fall short of my wishes, but at that time it was you. 君がこうやッて村立尋常小学校の校長それも最初はただの教員から初めて十何年という…

郊外:国木田 独歩(120-173)/359

水車へ水を取るので橋から少し下流に井堰がある、そのため水がよどんで細長い池のようになっている、その岸は雑木が茂って水の上に差し出ているのが暗い影を映しまた月の光が落ちているところは鏡のよう。 There is a weir a little downstream from the bri…

郊外:国木田 独歩(46-119)/359

『先生!』梅ちゃんの声らしい、時田は黙って返事をしない。 "teacher! ] It seems that Ume-chan's voice, Tokita silently does not reply. 『オヤいないのだよ』と去ってしまった、それから五分も経ったか、その間身動きもしないで東の森をながめていたが…

郊外:国木田 独歩(1-45)/359

郊外 Suburbs 国木田独歩 Doppo Kunikida ※一※ *1* 時田先生、名は立派なれど村立小学校の教員である、それも四角な顔の、太い眉の、大きい口の、骨格のたくましい、背の低い、言うまでもなく若い女などにはあまり好かれない方の男。 Mr. Tokita, a teacher …

遺言:国木田 独歩(30-61)/61

強迫である。 It is obsessive. 自分はあまりのことだと制止せんとする時、水野、そんな軽石は畏くないが読まないと変に思うだろうから読む、自分で読むと、かれは激昂して突っ立った。 Mizuno, when you try to stop yourself from doing too much, pumice …

遺言:国木田 独歩(1-29)/61

遺言 will 国木田独歩 Doppo Kunikida 今度の戦で想い出した、多分|太沽沖にあるわが軍艦内にも同じような事があるだろうと思うからお話しすると、横須賀なるある海軍中佐の語るには、 I remembered in the next battle, maybe | I think that there will b…

鹿狩り:国木田 独歩(173-207)/207

陸の組は叔父さんと僕のほか、判事さんなど五人であった。 Riku's group consisted of five people including my uncle and me, as well as a judge. うの字峠の坂道を来ると、判事さんが、ちょっと立ち止まって、渓流の岩の上に止まっていた小さな真っ黒な…

鹿狩り:国木田 独歩(123-172)/207

『どうだ、取れていたか、そうだろう、今に見ろここで大きな奴を打って見せるから。 "How did you get it, maybe it's because I'll show you a big guy here right now. 』 ] かれこれするうちに昼時分になったが鹿らしいものも来ない、たちまち谷を一つ越…

鹿狩り:国木田 独歩(82-122)/207

さていよいよ猟場に踏み込むと、猟場は全く崎の極端に近い山で雑草|荊棘生い茂った山の尾の谷である。 When it's time to step into the hunting ground, the hunting ground is a mountain near the extremes of the saki. Weeds | 僕は始終今井の叔父さん…