文学その1

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

【免責事項】

このサイトには、Google により提供される翻訳が含まれる場合があります。Google は、明示的か黙示的かを問わず、翻訳に関するすべての保証(精度、信頼性に関するあらゆる保証、および商品性、特定目的への適合性、第三者の権利の非侵害性に関するあらゆる…

牛肉と馬鈴薯:国木田 独歩(124-163)/379

すると先生やるなら勝手にやり給え、君もも少しすると悟るだろう、要するに理想は空想だ、痴人の夢だ、なんて捨台辞を吐いて直ぐ去って了った。 Then, if you do it as a teacher, you can do whatever you want, and you will realize in a little while, i…

牛肉と馬鈴薯:国木田 独歩(90-123)/379

だから僕は北海道の冬というよりか冬則ち北海道という感が有ったのです。 That's why I had the feeling of winter, rather than winter of Hokkaido. 北海道の話を聴ても『冬になると……』とこういわれると、身体がこうぶるぶるッとなったものです。 When I …

牛肉と馬鈴薯:国木田 独歩(47-89)/379

「ハッハッハッハッ」と一坐が噴飯だした。 "Ha ha ha ha," said the sardine. 「イヤ笑いごとじゃアないよ」と上村は少し躍起になって、 "I don't want to laugh," Uemura said, 「例えてみればそんなものなんで、理想に従がえば芋ばかし喰っていなきゃアな…

牛肉と馬鈴薯:国木田 独歩(1-46)/379

牛肉と馬鈴薯 Beef and potatoes 国木田独歩 Doppo Kunikida 明治|倶楽部とて芝区桜田本郷町のお堀辺に西洋|作の余り立派ではないが、それでも可なりの建物があった、建物は今でもある、しかし持主が代って、今では明治倶楽部その者はなくなって了った。 M…

初孫:国木田 独歩(13-34)/34

先日貞夫少々|風邪の気ありし時、母上目を丸くし Sadao a little the other day | When I have a cold, my mother's eyes are rounded 『小児が六歳までの間に死にます数は実におびただしいものでワッペウ氏の表には平均百人の中十五人三分と記してござりま…

初孫:国木田 独歩(1-12)/34

初孫 First grandson 国木田独歩 Doppo Kunikida この度は貞夫に結構なる御品|御贈り下されありがたく存じ候、お約束の写真ようよう昨日でき上がり候間二枚さし上げ申し候、内一枚は上田の姉に御届け下されたく候、ご覧のごとくますます肥え太りてもはや祖…

小春:国木田 独歩(211-271)/271

丘のすそをめぐる萱の穂は白銀のごとくひかり、その間から武蔵野にはあまり多くない櫨の野生がその真紅の葉を点出している。 The stalks of the sardines around the hill are like white silver, and in the meantime there are not so many Hikaru wild in…

小春:国木田 独歩(152-210)/271

それで君は時とすると自然の美のあまりに複雑して現われているのに圧倒せられてしまう、僕にはそんなことはない、君は自然を捉えようと試みる、僕は観て感じ得るだけを感ずる、だいぶ僕の方が楽だ。 So sometimes you're overwhelmed by the intricacies of …

小春:国木田 独歩(107-151)/271

『兄さんお宅ですか』と戸外から声を掛けた者がある。 Someone called out from the outside, "Is it your brother's home?" 『お上がり』と自分は呼んでなお日記を見ていた。 I called myself "I'm up" and still looked at my diary. 自分の書斎に入って来…

小春:国木田 独歩(70-106)/271

“Therefore let the moon “Therefore let the moon Shine on thee in thy solitary walk; Shine on thee in thy solitary walk; And let the misty mountain winds And let the misty mountain winds be free to blow against thee.” be free to blow agains…

小春:国木田 独歩(39-69)/271

われ今再びかの牧場を見るなり。 I must see the farm again. 緑草直ちに門戸に接するを見、樹林の間よりは青煙|閑かに巻きて空にのぼるを見る、樵夫の住む所、はた隠者の独座して炉に対するところか。 See the green grass immediately contacting the doo…

小春:国木田 独歩(1-38)/271

小春 Koharu 国木田独歩 Doppo Kunikida ※一※ ※one※ 十一月|某日、自分は朝から書斎にこもって書見をしていた。 November | One day, I had been studying in the study since morning. その書はウォーズウォルス詩集である、この詩集一冊は自分に取りて容…

置土産:国木田 独歩(83-148)/148

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * "***" * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *…

置土産:国木田 独歩(61-82)/148

』 ] 『そんならいいけれども。 "I don't care. 』 ] さアと促されて吉次も仕方なく連れだって行けば、お絹は先に立ち往来を外れ田の畔をたどり、堤の腰を回るとすぐ海なり。 If you were forced to take Yoshiji's companion, the silk would get out of th…

置土産:国木田 独歩(12-60)/148

何のことぞとお絹も少しは怪しく思いたれど、さりとて別に気にもとめざりしようなり。 I was a little bit suspicious of the silk and silk, but for the moment I decided to focus on it. その次の夜も次の夜も吉次の姿見えず、三日目の夜の十時過ぎて、…