文学その1

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

【免責事項】

このサイトには、Google により提供される翻訳が含まれる場合があります。Google は、明示的か黙示的かを問わず、翻訳に関するすべての保証(精度、信頼性に関するあらゆる保証、および商品性、特定目的への適合性、第三者の権利の非侵害性に関するあらゆる…

或る少女の死まで:室生 犀星(1301-1375)/1742

私にもきっと美しい義務の正当な履行の「時」がくるにちがいない。 I must surely "time" of the legitimate fulfillment of the beautiful duties come. 私はそう思いながらふじ子の好意を謝した。 I apologized to Fujiko's favor, thinking so. しかし彼…

或る少女の死まで:室生 犀星(1244-1300)/1742

「ええ。 "Yes. きっとよ。 I'm sure. そして、一年ばかり経つとまた東京へこんどはお父様もみな一緒に出てくるの。」 And after only a year, my father will come to Tokyo again. " 「そりゃいいね。」 "Oh I like it." 「そのころは根津へ電車が通るよう…

或る少女の死まで:室生 犀星(1189-1243)/1742

私たちはそこへ行った。 We went there. いろいろな種類がこうして啼き立てたり、泳いだり、ぱたぱた羽掻きをやったりする眩しさは、その一羽ずつの美しい観賞を削いだばかりではなく、人間的な、どこかで出会ったある夜の群衆を思わせた。 The glare that v…

或る少女の死まで:室生 犀星(1136-1188)/1742

しかも建物の煉瓦の調子と象そのものの伝奇的興趣とが相待って、実によい調和をあたえているのを見た。 Moreover, I saw that the condition of the bricks of the building and the lore of the elephant itself were in good balance, in harmony. それは…

或る少女の死まで:室生 犀星(1077-1135)/1742

「君もやるかね。」 "Can you do it too?" 「僕も必要に迫られている。」 "I am also under pressure." 笑いながら、二人は黙ってたべはじめた。 While laughing, the two started to eat silently. 二人は、別な不安な生活に追われていることを、期せずして…

或る少女の死まで:室生 犀星(994-1076)/1742

「では、このごろはやはり苦しいね。」 "Oh, I think I still have a hard time these days." 「うん。」 "Yup." 「じゃまだ食事前だな。」 "Well, it's still a meal." 「うん。」 "Yup." かれはすこし赤くなって微笑した。 He turned red a little and smi…

或る少女の死まで:室生 犀星(918-993)/1742

そして開け放した、寛大な花のような言葉を私に話してきかせた。 And he let me tell you an open, generous flower-like language. そのあどけない微笑のうちに静かに私を落ちつかせるものがあった。 There was something quietly calming me in the odious…

或る少女の死まで:室生 犀星(831-917)/1742

――私の心は汚され通しのような、汚濁されたまま喘いでいた。 -My mind was dirty and perpetuated, being contaminated. 宿へかえると疲れていた。 I was tired when I turned to a hotel. 小さい庭の雑草を見るともなく眺めていると、そこへ、ふじ子さんが…

或る少女の死まで:室生 犀星(763-830)/1742

「かえろう。 "Let's go home. ふらふらするな。」 Don't flutter. " 私はOをいましめた。 I asked for O. そういう私もふらふらした。 That's how I freaked out. 地上が静かに大きな円をえがいて、波のように揺れて行った。 The earth quietly climbed a …

或る少女の死まで:室生 犀星(702-762)/1742

さまざまな感情の機微がこの友を厭うたりして、しばらく会わない方がいいような気がした。 I felt that it would be better not to meet for a while as the subtleties of various emotions crawled on this friend. Oは這入ると、すぐに、 As soon as O g…

或る少女の死まで:室生 犀星(648-701)/1742

朝のおそい私はおひると一しょの食事をしているとき、彼女はよく、大きな高い、女の子供らしいはね上るような声で、 When I am eating a meal after a long morning, she often has a big, high, girl-like splashing voice, 「かあさん。 "Mr. ただいま。」…

或る少女の死まで:室生 犀星(576-647)/1742

「では警察の方は取下げをしておきますから。」 "The police will then withdraw." と言った。 Said. 「受取のしるしになるようなものを一つ書いてくれませんか。」 "Can you write one thing that would be a sign of receipt?" 「あ、そうですか。」 "Oh r…

或る少女の死まで:室生 犀星(507-575)/1742

「何しろ男が額を破られたのですからね。 "But after all the man was beaten. 署長が示談にしろと言わなければ此方にも考えがあったんです。」 If the chief didn't tell him to make a talk, he had an idea. " 悪意のある冷たい調子で言った。 I said in …

或る少女の死まで:室生 犀星(430-506)/1742

おかみが去ると、れいの女の子がでてきた。 After the end of the year, Rei's girl came out. 「いらっしゃいまし。」 "Welcome." と私の方へきた。 And came to me. 深い微笑をいつものように漏らしながら……。 While leaking a deep smile as usual .... …

或る少女の死まで:室生 犀星(357-429)/1742

Oの杖を出した。 I took out the wand of O. それに血の斑点がついていた。 It had blood spots. 「そうです。」 "That's right." 「君は撲った覚えがあるかどうか。」 "Don't you remember if you got it?" 私はこの問題を永く考えたので、いっそ自分の責…