文学その1

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

【免責事項】

このサイトには、Google により提供される翻訳が含まれる場合があります。Google は、明示的か黙示的かを問わず、翻訳に関するすべての保証(精度、信頼性に関するあらゆる保証、および商品性、特定目的への適合性、第三者の権利の非侵害性に関するあらゆる…

号外:国木田 独歩(40-97)/153

「イヤとてもわかるものか、わたしが言いましょうか、」と加と男。 "I don't like it, I'll tell you," Ka and the man said. 「言うてみなさい」と今度はまた彫刻家のほうから聞く。 "Tell me," I hear from the sculptor again. 「僕が言うて見せる」とつ…

号外:国木田 独歩(1-39)/153

号外 Extra 国木田独歩 Doppo Kunikida ぼろ洋服を着た男爵|加藤が、今夜もホールに現われている。 Baron in rag clothes | Kato is appearing in the hall tonight as well. 彼は多少キじるしだとの評がホールの仲間にあるけれども、おそらくホールの御連…

恋を恋する人:国木田 独歩(231-305)/305

「お正さん」大友は思わず叫んだ。 "Omasa-san" Otomo shouted unintentionally. 「大友さんでしょう、」と意外にもお正は平気で傍へ来たので、 "Mr. Otomo," surprisingly, Masaru came to the side without hesitation. 「貴女は僕が来て居るのを知ってい…

恋を恋する人:国木田 独歩(179-230)/305

「お正さん、お正さん?」 "Mr. Osamu, Mr. Osamu?" 「ハイ」とお正は顔を上げた。 "High," said Masaru. 雙眼涙を含める蒼ざめた顔を月はまともに照らす。 The moon illuminates the pale face, including tears. 「僕はね、若し彼女がお正さんのように柔和…

恋を恋する人:国木田 独歩(140-178)/305

縁あらば、せめて一度此世で会いたい。 If there is a connection, I would like to meet at least once in this world. とのみ大友は思いつづけていた。 Otomo kept thinking. 何ぞその心根の哀しさや。 What the sadness of that heart. 会い度くば幾度に…

恋を恋する人:国木田 独歩(88-139)/305

「ねエ朝田様! その時、神崎様が巻煙草の灰を掌にのせて、この灰が貴女には妙と見えませんかと聞くから、私は何でもないというと、だから貴女は駄目だ、凡そ宇宙の物、森羅万象、妙ならざるはなく、石も木もこの灰とても面白からざるはなし、それを左様思わ…

恋を恋する人:国木田 独歩(1-87)/305

恋を恋する人 A person who falls in love 国木田独歩 Doppo Kunikida 一 one 秋の初の空は一片の雲もなく晴て、佳い景色である。 The first sky in autumn was clear without a piece of cloud, and it was a wonderful view. 青年二人は日光の直射を松の大…

窮死:国木田 独歩(169-233)/233

診察の型だけして「もう脈がない。」 Just the type of examination, "I don't have a pulse anymore." と言ったきり、そこそこに行ってしまった。 After saying that, I went there. 「弁公しっかりしな、おれがきっとかたきを取ってやるから。」 "Benko is…

窮死:国木田 独歩(120-168)/233

と、弁公初めて気がつく。 I noticed Benko for the first time. 「すっかりだめになっちゃった。」 "It's completely ruined." 「そいつは気の毒だなア」と内と外でしばし無言でつっ立っている。 "I'm sorry for that," he stands silently inside and outs…

窮死:国木田 独歩(60-119)/233

文公は恵まれた白馬一本をちびちび飲み終わると飯を初めた、これも赤んぼをおぶった女主人の親切でたらふく食った。 Bunko started eating after drinking a blessed Hakuba, which was also eaten with the kindness of the mistress who wore a red dragon…

窮死:国木田 独歩(1-59)/233

窮死 Death 国木田独歩 Doppo Kunikida 九段坂の最寄にけちなめし屋がある。 There is a stingy tanning shop near Kudanzaka. 春の末の夕暮れに一人の男が大儀そうに敷居をまたげた。 At dusk at the end of spring, a man gracefully crossed the threshol…

おとずれ:国木田 独歩(251-277)/277

二郎しからばなんじにまいらすべき一|品ありと、かねて用意せる貴嬢が写真のポッケットより取り出して二郎が手に渡しぬ。 Jiro Shikaraba Nanji should be messed up | When there was an item, the lady who had prepared it for some time took it out o…

おとずれ:国木田 独歩(223-250)/277

二郎は高く笑いてわが顔をながめ、わが答えをまつらんごとし。 Jiro laughed high and looked at my face, glaring at my answer. 問いの主はわれ聞き覚えある声とは知れど思いいでず。 The lord of the question is a familiar voice, but I don't think. …

おとずれ:国木田 独歩(186-222)/277

げに横浜までの五十分は貴嬢がためにも二郎がためにもこの上なき苦悩なりき、二郎には旧歓の哀しみ、貴嬢には現場の苦しみ、しかして二人等しく限りなきの恥に打たれたり。 The fifty minutes to Yokohama will be the greatest suffering for both you and …

おとずれ:国木田 独歩(161-185)/277

貴嬢がわずかに頭をあげて、いなとかの君の問いに答えたまいたる、その声は墓のかなたより亡者や吹き込みし。 The lady raised her head slightly and answered your question, such as Ina, the voice of the dead and infused from beyond the grave. よき…