文学その1

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

【免責事項】

このサイトには、Google により提供される翻訳が含まれる場合があります。Google は、明示的か黙示的かを問わず、翻訳に関するすべての保証(精度、信頼性に関するあらゆる保証、および商品性、特定目的への適合性、第三者の権利の非侵害性に関するあらゆる…

蒼穹:梶井 基次郎(1-40)/76

蒼穹 Moth 梶井基次郎 Motoi Sakurai ある晩春の午後、私は村の街道に沿った土堤の上で日を浴びていた。 One late spring afternoon, I was sunning on the embankment along the village road. 空にはながらく動かないでいる巨きな雲があった。 There was a…

冬の日:梶井 基次郎(344-409)/409

帰るきわに彼は紙入のなかから乗車割引券を二枚、 At the end of his trip he gets two discounted tickets from the inside of the paper, 「学校へとりにゆくのも面倒だろうから」と言って堯に渡した。 He said, "It would be bothersome to get to school…

冬の日:梶井 基次郎(263-343)/409

そして電車を降りてみると、家を出るとき持って出たはずの洋傘は――彼は持っていなかった。 And when I got off the train, he didn't have the umbrella that he had brought out when he left the house. あてもなく電車を追おうとする眼を彼は反射的にそら…

冬の日:梶井 基次郎(213-262)/409

堯は一度もその玩具が売れたのを見たことがなかった。 He had never seen the toy sold. 「何をしに自分は来たのだ」 "What did you do for yourself?" 彼はそれが自分自身への口実の、珈琲や牛酪やパンや筆を買ったあとで、ときには憤怒のようなものを感じ…

冬の日:梶井 基次郎(164-212)/409

そんなことが堯には朧げにわかるように思われた。 It seemed bald to understand that. 肉を炙る香ばしい匂いが夕凍みの匂いに混じって来た。 The fragrant smell of roasting meat has been mixed with the smell of evening frost. 一日の仕事を終えたらし…

冬の日:梶井 基次郎(104-163)/409

風もない青空に、黄に化りきった公孫樹は、静かに影を畳んで休ろうていた。 In a blue sky without wind, the yellow-colored tree tree was quietly resting in the shadows. 白い化粧煉瓦を張った長い塀が、いかにも澄んだ冬の空気を映していた。 A long c…

冬の日:梶井 基次郎(49-103)/409

堯の弟は脊椎カリエスで死んだ。 His brother died of spine caries. そして妹の延子も腰椎カリエスで、意志を喪った風景のなかを死んでいった。 And my sister, Nyoko, died in a lumbar caries, in a scene that lost her will. そこでは、たくさんの虫が…

冬の日:梶井 基次郎(1-48)/409

冬の日 winter days 梶井基次郎 Motoi Sakurai 一 one 季節は冬至に間もなかった。 The season was soon before the winter solstice. 堯の窓からは、地盤の低い家々の庭や門辺に立っている木々の葉が、一日ごと剥がれてゆく様が見えた。 From the window of…

Kの昇天:梶井 基次郎(166-202)/202

そしてもう一歩想像を進めるならば、月が少し西へ傾きはじめた頃と思います。 And if you continue to imagine one more step, I think it was about when the moon started to tilt a little west. もしそうとすればK君のいわゆる一尺ないし二尺の影は北側…

Kの昇天:梶井 基次郎(114-165)/202

だから昼間は阿片喫煙者のように倦怠です」 So in the daytime I am as tired as an opiate smoker. " とK君は言いました。 Said K. 自分の姿が見えて来る。 I can see my figure. 不思議はそればかりではない。 Mysteries are not all that. だんだん姿が…

Kの昇天:梶井 基次郎(52-113)/202

ふと私はビクッとしました。 I was surprised. あの人は影を踏んでいる。 That person is in the shadows. もし落し物なら影を背にしてこちらを向いて捜すはずだ。 If it is a fallen object, you should look for it with your shadow on your back. 天心を…

Kの昇天:梶井 基次郎(1-51)/202

Kの昇天 Ascension of K ――或はKの溺死 --- Or the death of K お手紙によりますと、あなたはK君の溺死について、それが過失だったろうか、自殺だったろうか、自殺ならば、それが何に原因しているのだろう、あるいは不治の病をはかなんで死んだのではなか…

ある心の風景:梶井 基次郎(185-271)/271

護岸工事に使う小石が積んであった。 There were pebbles used for revetment work. それは秋日の下で一種の強い匂いをたてていた。 It had a kind of strong smell under the autumn sun. 荒神橋の方に遠心乾燥器が草原に転っていた。 Centrifugal dryer wa…

ある心の風景:梶井 基次郎(131-184)/271

またそれは一番から順に検番に張り出され、何番かまではお金が出る由言った。 Also, it was extended to the check numbers in order from the top, and it was said that some money would come out. 女の小ざっぱりしているのはそんな彼女におかあはんとい…

ある心の風景:梶井 基次郎(68-130)/271

夢のなかの喬はそれを不足そうな顔で、黙って見ている。 The niece in the dream is looking at it silently with a face that seems to be lacking. 一|対ずつ一対ずつ一列の腫物は他の一列へそういうふうにしてみな嵌まってしまった。 One | One pair, on…