文学その1

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

【免責事項】

このサイトには、Google により提供される翻訳が含まれる場合があります。Google は、明示的か黙示的かを問わず、翻訳に関するすべての保証(精度、信頼性に関するあらゆる保証、および商品性、特定目的への適合性、第三者の権利の非侵害性に関するあらゆる…

(私はさきごろ):高村 光太郎(1-34)/34

(私はさきごろ) (I'm about to come) 高村光太郎 Kotaro Takamura 私はさきごろミケランジェロの事を調べたり、書いたりして数旬を過ごしたが、まったくその中に没頭していたため、この岩手の山の中にいながらまるで日本に居るような気がせず、朝夕を夢う…

ミケランジェロの彫刻写真に題す:高村 光太郎(1-32)/32

ミケランジェロの彫刻写真に題す Titled by Michelangelo's sculpture 高村光太郎 Kotaro Takamura ミケランジェロこそ造型の権化である。 Michelangelo is the right of molding. 造型の中の造型たる彫刻は従ってミケランジェロの生来を語るものであり、ミ…

本邦肖像彫刻技法の推移:高村 光太郎(67-118)/118

同時代の他の仏像の夾紵法によるものにもそういう骨組の入念に出来ているものが多く、時間と精力と費用とを問題外にして製作にかかっていた時代精神をよく見ることが出来る。 Many of the other Buddha statues of the same period are carefully crafted wi…

本邦肖像彫刻技法の推移:高村 光太郎(33-66)/118

いずれも礼拝の対象であるから、その相貌風姿も、彫刻様式もほぼ仏像に拠る手法で造られている。 Since both are worshiped objects, their appearance and sculpture are almost entirely based on Buddha statues. 例えば耳朶の如きも大抵仏像に見るように…

本邦肖像彫刻技法の推移:高村 光太郎(1-32)/118

本邦肖像彫刻技法の推移 Changes in Japanese portrait sculpture techniques 高村光太郎 Kotaro Takamura わが国古来の彫刻といえば殆ど皆仏像である。 Speaking of ancient Japanese sculptures, almost all are Buddha statues. 記紀上代の神々の豊富な物…

人の首:高村 光太郎(61-118)/118

眼や眉や鼻や口や耳などという個々のものに就いては今語り尽せない。 Talk about individual things such as eyes, eyebrows, nose, mouth, and ears. 私はあまり睫毛の美しい少女を電車の中で見て、思わず知らず其顔をのぞき込んで気の毒な思いをさせた事が…

人の首:高村 光太郎(1-60)/118

人の首 Human neck 高村光太郎 Kotaro Takamura 私は電車に乗ると異状な興奮を感ずる。 I feel a strange excitement when I get on the train. 人の首がずらりと前に並んで居るからである。 This is because people's necks are lined up in front. 人間移…

美術学校時代:高村 光太郎(152-186)/186

ところが親父の方がその話に乗気になり、齢を取ってからでは不安であるが、今の中なら大丈夫だ、と言い出した。 However, my father became more interested in the story and said that he was safe after getting older, but that he was fine now. 初め岩…

美術学校時代:高村 光太郎(111-151)/186

此時は塑造台を新調してその俥屋のモデルを迎えたのであるが、彼は裸体になっても下帯を取らないでがん張っている。 At this time, a new plastic table was greeted with the model of the Ashiya. 鬼斎先生がみんな取ってしまえと談判を始めた。 Mr. Onisa…

美術学校時代:高村 光太郎(75-110)/186

これでは誰の歌だか判らない。 I don't know who this song is. だからその時代のものは自作とはいえない。 Therefore, it cannot be said that those of that era are self-made. 僕のものといえばその後僕がアメリカに行く船の中で拵えたもの、あの頃から…

美術学校時代:高村 光太郎(39-74)/186

ホヤのついた西洋蝋燭の行灯みたようなものもあって、これはお客様用に使ったりしていた。 There was something like a lantern with a western candle with squirts, which was used for customers. 僕の住居は矢張り今の林町だったが、まだあの辺一帯は田…

美術学校時代:高村 光太郎(1-38)/186

美術学校時代 Art school 高村光太郎 Kotaro Takamura 僕は江戸時代からの伝統で総領は親父の職業を継ぐというのは昔から極っていたので、子供の時から何を職業とするかということについて迷ったことはなかった。 I have been a tradition since the Edo per…

能の彫刻美:高村 光太郎(82-109)/109

「藤戸」の怨霊の面は舞台の上で長く正視するに堪へない程物すごく人に迫る。 The face of the spirit of “Fujito” approaches people so much that they cannot stand long on the stage. 「船弁慶」の亡霊の面には正法にはとても敵し難い弱さを内心に蔵し…

能の彫刻美:高村 光太郎(47-81)/109

これは殆ど一つの彫刻が置いてあるのと同じであり、彫刻と違ふところは、物そのものが呼吸をし、音声を出している点に過ぎない。 This is almost the same as a sculpture, and the only difference is that the object itself breathes and produces sound.…

能の彫刻美:高村 光太郎(1-46)/109

能の彫刻美 Noh sculpture beauty 高村光太郎 Kotaro Takamura 能はいはゆる綜合芸術の一つであるから、あらゆる芸術の分子がその舞台の上で融合し展開せられる。 Noh is one of the loose arts, so all art molecules can be fused and developed on the st…