文学その1

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

【免責事項】

このサイトには、Google により提供される翻訳が含まれる場合があります。Google は、明示的か黙示的かを問わず、翻訳に関するすべての保証(精度、信頼性に関するあらゆる保証、および商品性、特定目的への適合性、第三者の権利の非侵害性に関するあらゆる…

幕末維新懐古談:20 遊芸には縁のなかったはなし:高村 光雲(1-30)/50

幕末維新懐古談 Bakumatsu Restoration Old-fashioned Story 遊芸には縁のなかったはなし There was no edge in amusement 高村光雲 Takamura 上野の戦争が終んで後私が十八、九のことであったか。 Was it eighteen or nine after the Ueno war ended? 徳川…

幕末維新懐古談:19 上野戦争当時のことなど:高村 光雲(76-113)/113

この小屋に粂八なぞが出たものです。 This is where the Eight Happiness came out of this hut. 娘義太夫、おでんや、稲荷ずし、吹矢、小見世物が今の忠魂碑の建っている辺まで続いておりました。 Daughter Yoshio, Oden, Inarizu, Fukiya, and Omi World c…

幕末維新懐古談:19 上野戦争当時のことなど:高村 光雲(40-75)/113

私は風呂敷を背負って、気味が悪いが他の人も行くから其所へ進むと、 [I ’m carrying a furoshiki on my back. 「小僧、何処へ行くんだ」 "Where are you going?" と問いますので、師匠の用向きにてこれこれと答えますと、早く通れ、という。 If you answer …

幕末維新懐古談:19 上野戦争当時のことなど:高村 光雲(1-39)/113

幕末維新懐古談 Bakumatsu Restoration Old-fashioned Story 上野戦争当時のことなど Things at the time of the Ueno War 高村光雲 Takamura 慶応四年|辰年の五月十五日――私の十七の時、上野の戦争がありました。 4th Year of Keio | May 15th of the Year…

幕末維新懐古談:18 一度家に帰り父に誡められたはなし:高村 光雲(41-75)/75

途中で帰って来れば足骨をぶち折ると確かにいい附けた俺の心を汝は何んと聞いたのだ。 When I came back halfway, I heard how my heart was surely attached when I broke my foot bones. 俺は子供の時、一家の事情によって身に附くような職をも覚えず中途…

幕末維新懐古談:18 一度家に帰り父に誡められたはなし:高村 光雲(1-40)/75

幕末維新懐古談 Bakumatsu Restoration Old-fashioned Story 一度家に帰り父に誡められたはなし Once I got home and was praised by my father 高村光雲 Komura Takamura 今の猫と鼠の話のあった前後の頃おい(確か十五の年)は徳川氏の世の末で、時勢の変…

幕末維新懐古談:17 猫と鼠のはなし:高村 光雲(78-107)/107

台所へ行くと、其所に大根卸しに使った大根の切れッ端がある。 When you go to the kitchen, there is a piece of radish used for daikon wholesale. それを持って来て、お手の物の小刀で猫の足跡を彫り出したのです。 Bring it, it was carved cat footpri…

幕末維新懐古談:17 猫と鼠のはなし:高村 光雲(47-77)/107

実際ならば、まだほんの年季中の小僧の身のこと、師匠のいい附けもせぬものを勝手に彫って見るなぞとはよろしくないと口小言をいって将来をも誡むべきであるのですが、今、こうして師匠自身も尊敬している坊様より、お礼の意味の金子を幸吉へというて出され…

幕末維新懐古談:17 猫と鼠のはなし:高村 光雲(1-46)/107

幕末維新懐古談 Bakumatsu Restoration Old-fashioned Story 猫と鼠のはなし The story of a cat and a fox 高村光雲 Komura Takamura 少し変った思い出ばなしをします。 I have a slightly different memory. 鼠の話を先にしましょう。 Let's talk about th…

幕末維新懐古談:16 その頃の消防夫のことなど:高村 光雲(1-56)/56

幕末維新懐古談 Bakumatsu Restoration Old-fashioned Story その頃の消防夫のことなど About firefighters at that time 高村光雲 Takamura 江戸のいわゆる、八百八街には、火消しが、いろは四十八組ありました。 Edo's so-called 880th Street has 48 sets…

幕末維新懐古談:15 焼け跡の身惨なはなし:高村 光雲(1-43)/43

幕末維新懐古談 Bakumatsu Restoration Old-fashioned Story 焼け跡の身惨なはなし The miserable story of the burnt mark 高村光雲 Takamura 帰ったのは九ツ過ぎ(十二時過ぎ)でした。 It was past nine times (after twelve o'clock). さすがの火事もそ…

幕末維新懐古談:14 猛火の中の私たち:高村 光雲(43-98)/98

気が急けば急くほど身が自由にならないので、これではいけないと、荷物の上へ躍り上がり、箪笥、長持を踏み越え踏み越え、やっと、雷門の脇の大神宮様の脇を潜り抜けて、心ばかりは万年屋指して飛び込んで来ましたが、やはり恐ろしい人波でニッチもサッチも…

幕末維新懐古談:14 猛火の中の私たち:高村 光雲(1-42)/98

幕末維新懐古談 Bakumatsu Restoration Old-fashioned Story 猛火の中の私たち We in a fiery fire 高村光雲 Takamura 私は十四の子供で、さして役には立たぬ。 】 I am 14 children and useless. 大人でもこの猛火の中では働きようもない。 Even adults can…

幕末維新懐古談:13 浅草の大火のはなし:高村 光雲(38-62)/62

片方は大河で遮られているから、この一方口へ逃れるほかには逃げ道はなく、まるで袋の鼠といった形……振り返れば、諏訪町、黒船町は火の海となっており、並木の通りを荷物の山を越えて逃げ雷門へ来て見れば、広小路も早真赤になって火焔が渦を巻いている。 Si…

幕末維新懐古談:13 浅草の大火のはなし:高村 光雲(1-37)/62

幕末維新懐古談 Bakumatsu Restoration Old-fashioned Story 浅草の大火のはなし Asakusa's great fire story 高村光雲 Takamura これから火事の話をします。 I will talk about fire. 前に幾度かいった通り、慶応元年丑年十二月十四日の夜の四ツ時(私の十…